こだわり

持ってますか? こだわり。

たまにいらっしゃいますね、「自分、こだわりがあるんで!」っていうこだわり屋さんアピールの人ね。

ボクのイメージする「こだわり」ってさ、これぞっていう確固たるイメージを持っていて、一言一句まで決めてあって、なんなら改行位置も決まってる、みたいなね。

もちろんそこに到達するまでに自分自身何度も構想を練ったり、考え直したりしてね。そしていよいよカタチにするってときに業者に発注するっていう感じ。

どうなんすかね?

で、実際に自称こだわり屋さんの依頼の場合…とにかく修正と変更が多いですね。やっぱりこっちの感じで、とかもう別パターンください、とか…。すいません、自分こだわりが強くってご迷惑かけます、とおっしゃられますわ。

文言も同様に、ちょっと変更します、とかやっぱりこっちの文章で、とか、そもそもその英単語のスペルが違っとるがな、みたいなね。

こだわってるからこそ、何度も細かく変更するんでしょうか?

細々と修正するのは本人じゃなくて、請け負ってる業者じゃん。自分がやらずに文句の言えない下請け業者が作業をやるから何度でも変更や修正してるんじゃないの?

ま、やっぱりボクのイメージでは、こだわり屋さんは発注前に時間をかけて何度も何度もイメージを固めてきてるものだと思うけどね。

何度も修正したり変更したりするのは何の問題もないけど、それはむしろノンポリだから、ってことじゃないかと「自分、こだわりがー」って人は自分に問いただしてみたらって話。

そもそもボクの好きなスタンスは、一緒に相談しながら作っていきましょうっていう実にフレンドリーで建設的な思考で仕事を進めたいってことなんで、特に言い訳がましく「自分、こだわりがー」とかはなくていいです。

ボクの好きなこだわり屋さんの方々はみんな最初からきっちりコンセプトがあって、それに応えればスパッと進んでいきますよ。

Filed under: 仕事に関する考察