お客様とわたし

世間じゃクレーマーみたいなのがいろいろいるんですかね?めんどくさいですね。
が、しかしクレーマーではなきけども、お客様が絶対的にエラい、と思ってる人はまぁまぁいらっしゃいますね。
そりゃお客様がいらっしゃらなければ商売は成り立ちませんからね。いやぁ、ありがたい存在です。
ありがたいし、心底感謝してます、これホントです。
ただオレよりエラいか、っていうと別にどっちがエラいわけではないですね。
お客様とお店の二者の相対関係だけを見た場合、たしかにお客様はお金をくれます。でもただくれるわけじゃないですね。
ボクに五万円くれるお客様には感謝しますが、そのかわりその方には五万円に匹敵する価値のあるサービスなり商品をお渡ししてますからね。
何かしらをかえっこしてるだけです。
ボクが何にも渡してないのに五万円くれたなら、そりゃ五万円分はその人がボクに威張っても仕方ない。というか五万円分の威張り賃ってことですけどね。
が、しかし前述通り五万円分のサービスなり何かをお渡ししてるので、立場は対等以外ないじゃないですか。
金払ってんだからお前がオレに文句言うな、ってお客様がいたら、文句言わずに黙って耐えてる分のお金も払ってほしいよね。
別にボクも威張りたいわけではないですわ。繰り返しますが感謝してますよ。
感謝してますが、だからと言って対価以上に言うことを我慢して聞くつもりはないですね。
企業様がお客様の場合、たまに担当者の中に、下請け業者は黙って言うことを聞けよ的な態度をされる方がいますが…まぁなんて言うか、立場がどうこうの前に人格的にもうダメだと思うんですよね。発注側に絶対的な権利があると思ってるってある意味すげーなと思います。
無理な要求をしてくるのにこっちがお願いすると(もちろんよりよい効率アップのためのお願いですよ)、そんなものを聞く気はまったくない、みたいな。お前が一人で全部やってこいよ、みたいなね。
そういう場合どうするか、というと…もちろん相手にしません、仕事も断ります。スタンスが合わないですよ、お互い気持ちよくないですよ。
いつでも誰とでもフィフティフィフティです。どちらかが原因でトラブってもできる限り譲歩しあって問題を解決していきたいですね。誰だってトラブらないように最善の努力をしてる(前提でね)と思いますからね。適当に流して対応してるならダメですけど。
自分が客の立場のときもそうだけど、客だからって立場が強いと思ってるなんて愚かしいですね。相手が手抜きしてたなら怒るけど。
ま、ボクみたいな個人で商売してる人には大きな態度で臨んでくるみたいな人は…パスです、パス。
また下請け業者には威張ってもいいと思ってる輩もどっか行ってください。
とはいえ、ウチにいらっしゃるお客様はもうほとんどいい人しか来ないけどね、うふふ。

Filed under: いろいろな生活, 仕事に関する考察