紙の印刷物って必要なの?SNSがあればいいんじゃないかな

いやいや、ウチはホームページがあるし、FaceBookもやってるから大丈夫、という方もいらっしゃいます。

もちろんそれは重要なことですが、パソコンやスマートフォンが見られない環境、お年寄りなどを完全に切り捨てることにもなりませんか?有用なチラシなどは冷蔵庫に磁石で貼ってあるよ、という方は大勢いらっしゃいます。

ブックマークしてあるから大丈夫、って方よりも人数も多いかも知れないですし有効な見込み客である可能性もあります。そのような方々をできるかぎりの取りこぼしを防ぎたいところではないでしょうか?

紙の印刷物は昔からありますが、やっぱり今も減ったとはいえなくなりません。なくなっていくのは会社内で扱う書類だとか、なにかしらのテキストだとかではないでしょうか?つまり最初から目的意識があって話のわかる人同士の間ではわざわざ紙に印刷して確認することはなくなったってだけじゃないんでしょうか。

見ず知らず、不特定多数、特に興味がない、そんな方々にアピールしなければいけない場合、やはりビジュアル一発で目に飛び込ませようとするなら紙に刷ってあるものが強いように思います。わざわざブラウザを立ち上げることなく、知らず知らず目につく、そんな広告がじわじわと購買意欲にアピールできるんじゃないかって気がします。

若い人はもうみんなスマホだよ、なんて知った顔して言う人もいるとは思いますが、ではスマホを持ってる人にどれだけ高いリテラシーがあるのか、狙った情報をどれだけ思い通りに手に入れられてるのか、実際のところはわからないですよね。いや、私の実感としてはSNS見るぐらいしかできてない人がとても多いように思います。

一度目にしたサイトに二度目はたどり着けない程度の人もたくさんいるように思います。そうなると紙の印刷物は安心ですね、それこそ冷蔵庫に貼ってあればいつでも目につきます(笑)。

いずれにしてもwebを活用することはそれほど経費がかからない(手間はかかるかもしれませんが)ことが多いので、紙のチラシ・フライヤーを作ったうえで、そのソースを再利用、つまりweb用の画像に変換してあらためて自分のサイトやフェイスブックやらに使えるのが一番いいような気がします。もちろん紙のチラシの納品と同時にweb用の画像も制作してお渡しできますよ。