雑誌に広告を掲載したい

大手の広告代理店はわかりかねますが、地方のちょっとした広告代理店になると、いまいち何を仕事としてるかわからないような…ただの御用聞きみたいな営業マンがチラホラいらっしゃいますね。なにかを提案してくれるわけでもなく、なにかをリサーチしてくれるわけでもなく、ただ毎月雑誌広告用の原稿を取りに来るだけ、みたいなね。

そういう広告代理店はもう必要ないですね、何を言ってもイエスマン、言ったことをそのままやるだけ…だったら、もう直接クライアントさんがデザイナーに口出ししたほうが早いです。

  • 使えない代理店営業マン
  • 所詮デザイナーに丸投げ
  • 内容、デザイン的にアドバイスはしてくれない
  • 料金は一人前以上
  • フォローはない

もちろんそんな営業マンばかりじゃないし、ちゃんと対応してくれる方も大勢いらっしゃいます。でも今はメールもあるので全国離れていても直接デザイナー、印刷屋さんと打ち合わせすることも可能な時代です。これから新たな 雑誌広告、 折込広告などをお考えの方には直接デザイナーとやりとりをするという選択もレスポンスが早く、また違った提案ができる可能性もあるかもしれません。