フライヤーの原稿を作る

んと、例えばおもしろい映画を見たので友人に教えようってなとき、どんな感じで話しますか?

ネタバレを気にせずに話すっていう仮定でね、しかも友人はそれほど興味があるわけでもなくって…っていうことで。

とりあへず先にすべての登場人物を説明する?

話の設定をひとつずつ説明する?

2時間の映画でも、細々といろんな見どころがあるのでそれをすべて細かく話をしてもきっと友人は聞くのをめんどくさがるんじゃないですかね。

だからといって、おもしろい、すごい、びっくりした、だけを伝えても何もわからないですしね。

自分のお店やイベントなどを宣伝しようとするとき、それは映画のおもしろさを伝えることに似てるかもしれないです。

自分のお店の特徴をすべて伝えたい、と思ってもフライヤーの紙面は限られてます。そもそも特徴をつぎつぎと書き並べられても見る人にはだんだん見る気にならなくなっちゃうかも。

すごくいいんです、おもしろいんです、だけを殊更言われてもやっぱり最後はあぁそうですか、とね。っつか自分が作る広告なので本人はいいと思ってるに決まってますよね、ふつう。

チラシの上の方から、まずはお店に来る方法から書くなんてことはあまりないですが、伝えたい側の人からしたらそんな気持ちにもなっちゃいますよね。

まずは言いたいこと、見せたいもの、伝えたいこと、を全部書き出しちゃってから、(例えばその項目ごとにカードにして)大事なこと、見る人の気を引けること、最低限必要なこと、などにジャンル分けしてあれこれ並べ替えてみながら考えるといいかもしれませんね。

Filed under: チラシ、フライヤー制作, フライヤー、チラシ, 仕事に関する考察, 作品例, 制作を頼むためにTagged with: , , , , , , , , ,