○○させていただきます

なんか最近やたらと目につく、耳につく、鼻につく言い回しですね。

謙譲語ですよね、させていただく。

そりゃ確かに仕事がやれるってことは本当にありがたいです。仕事させてもらってますよ、いろいろ。それは大前提です、感謝してます。

が、しかし、なんか言うたびに「対応させていただきます」「販売させていただきます」「紹介させていただきます」みたいなさ。

なんつーか誰目線でやってんだろうね。お客様目線が一番大事ではあるんだけど、いちいち「させていただきます」ばっかくっつけてるとさ、とりあへずそう締めくくっておきゃいい、みたいな感じになってこない?

ありがたみが感じられないんだよね。

やっぱ基本は、自分がやりたいから「仕事してます」だし、対応すべきだと思ったら「対応いたします」だし、アピールしたいから「紹介します」って言いたいんだよね。

いつでもなんでも人から頼まれて「やらせてもらってる」わけじゃない。自分から進んで、自分の意思で行動してるわけでさ、そしたら「やります」でよくって、「やらせていただく」では他人事っぽくて。

へりくだってるだけの言い回しは、なんかズルいと感じちゃうのはボクだけでしょうか。

このご時世、クレームにならないように過敏に過剰な反応みたいに思えます。

若いアマチュアミュージシャンが、「ステージに立たせていただいて、歌を歌わせていただいてます、タイトルを紹介させていただきます、聴いてください、○○」

もうめんどくせーわ!

Filed under: いろいろな生活, 仕事に関係ない話