DUNE砂の惑星

最初に見たのは25年くらい前か…3時間以上の長い話だったけどどっぷり世界観に浸かりながら、すげーなと思ったわけです。壮大な話で見終わったときはぐったり疲れました。

んで、こないだ久しぶりに見直したわけです。

前回は一人で見たけど(独身一人暮らしだったからね)今回は妻と息子も一緒に見ました。

いやぁアレだね、今さら見るとチープで雑というか昔っぽさが満載ですね。

初見の家人はときどき苦笑いしながら見てたし。

昭和の人が愚かだったわけではないと思うけど、当時はこれでもすごかった。今の時代はなんか無駄に小利口になっちゃったんかな。

昔ドラマ見ながら、伏線がどうのこうの、小ネタがどうの、オマージュがどうの、とか一般人はそんなに言ってなかったと思うし。

今の時代の人はそういう意味ではめんどくさいね。

このDUNEに比べたら、レイアが宇宙空間で目が覚めて自力で戻ってくるぐらいのことは何てこともないもんな。

しかしながらデヴィッド・リンチも頑張ったけどイマイチな結果になってるこの映画、嫌いじゃないです。今度ブレードランナーの監督でリメイクするのも楽しみ。

うーん、仕事とはまったく関係ない話でしたね。

Filed under: いろいろな生活, 仕事に関係ない話