タグ: デザイナーに注文

CDジャケットのページ数

CDジャケット作成,デザイン,印刷

CDジャケットを作成するといった場合、何をどれだけ掲載したいかってことが重要ですよね。
もちろん表紙のビジュアルデザインが最も重要であるとしても全体として載せたい内容が何なのか?ってことです。表紙はまぁいいや、アルバムタイトル、アーティスト名くらいですわ、どっちにしても。
バックインレイ(プラケースをはずして中にはめ込むやつね、CD盤を入れてる裏側?下側?です)については背表紙もありますから、ここにタイトルと名前、メインの場所は曲名やクレジット(事務所名やサポート者とか)だったり、リリース日、価格、品番、注意書き、CDマーク、JASRAC番号なんかが入ります。このバックインレイの裏側(CD盤をケースから出したときに見えるとこ)もあります。これはプラケースを透明にした場合、CD盤を取り出すと見えますね。ここにはみんな写真を入れたり本編で入りきらなかった方々のお名前を入れたり工夫されてます。いずれにしてもすぐには見られないとこなんであんまり重要な情報は入れないですね。
でもって本編のCDジャケットです。こちらにはいろいろなパターンがあって1枚ペラの正方形で表裏のみってものがあります。まぁあんまり一般的なアルバムのときはやらないですね。サンプルやばらまき用のCDだとコストを抑えるために最小限の仕様にすることはよくあります。
大体多いのが1枚ペラなんだけど横長の長方形で二つに折った状態でケースに封入するパターンです。これ1枚ペラなんだけどページ数は4ページになるのでご注意を。前述の正方形の1枚ペラはオモテとウラの2ページですからね。で、この4ページの場合は折った内側2ページを使ってここに歌詞を入れたりします。一例ですが、1ページ目の表紙は写真、2〜3ページ目の内側2ページを歌詞、4ページ目の表紙の裏になるところにメンバー紹介やレコーディングスタジオ、エンジニアなどのクレジット、みたいなのがよくあります。
しかしながらこの場合は曲数が2〜4曲程度の場合ですね、なぜかというと歌詞がそれぐらいしか載らないからですね。歌詞が長い、文字が多い、とかだと収まりきらないことがあります。ラップとか入ってるとよくそうなります。で、そういう場合はどうするかというと別途歌詞カードを作って一緒に封入になりますね。これは大きな紙を四つに折ったりしたものを使うことが多いです。もちろん別の用紙で別のデータで別の印刷になって行程が増えるので増額になることは否めません。
次に8ページにする場合ですね、これは結構歌詞は載せられます、しかもページが余ったらそこにアーティスト写真やイメージを入れたりできる贅沢なものが出来上がります。8ページは中綴じといって2枚の長方形を重ねて真ん中をホッチキスで綴じる冊子の状態になります。ま、結構高いとは思うけど。
これの亜流として12ページもありますよ、たっぷり誌面がありますから長い歌詞でも写真集みたいにしてもいろいろ内容を増やせますね。一応言っておくと10ページの冊子はありません。1枚の紙で4ページを作って、それを重ねて綴じていくので基本的に冊子になると4の倍数のページ数になるからです。それと冊子にするのはいいんですが、ページ数が増えてくると紙を薄くしていきます。プラケースに入るための厚みが決まってますからね、はりきって16ページを厚い紙で、とかにしちゃってもケースに入らなくなります。そのあたりはボクのせいじゃないのでアレですが知っておいたらいいような気がします。
ちなみに長ーい紙を三つに折って6ページはできますよ。1枚のペラの紙ですが2回折りたたんで正方形にします。8ページの冊子にするにはちょっとな、くらいのときの折衷案としていかがでしょうか。
実際のところ自分のCDが何ページになるのかわからないこともあるかと思うので、一通り載せたい内容が決まってきたら相談されるとよいと思います。文字の大きさを小さくすれば収まることもあるし、小さすぎて読めなくなることもあるし、バックインレイの内側を駆使して収めちゃうこともあるし、帯を使うこともできます。
実際自分でCDを作ろうと思ったら外に出回ってるCDジャケットを参考にすることをおすすめします。自分の希望するタイプと同じ仕様のものをよく見てみるといろいろな工夫がされているかもしれません。
あ、そのときにデジパックやマキシシングルのときもあるかもしれないけど、それはそれで別途問い合わせて欲しいですね。メジャーアルバムと同じようにできるとは思いますが、結構制約も多いですからじっくり考え直しながら作らなきゃならないんで。
その他にも人気なのが紙ジャケットですね。シングルとかダブルとかありますし…まぁそのへんはまたいずれ。

CDジャケット作成,デザイン,印刷

Filed under: CDジャケット制作, 制作を頼むためにTagged with: , , , , , , , , , ,

CDプレスについてはどう?

CDジャケット作成,印刷,デザイン

CDジャケット作成の依頼を受けるときに、少なからずレーベルっつーんでしょうか、音楽事務所?タレント事務所からということがあります。そういう場合はアレですね、CDプレスまで請け負うことは少なくて大抵の場合データで納めることがほとんどです。
その場合はあらかじめプレス工場を教えてもらっておいて、そこのプレス工場が配布しているテンプレートに合わせて制作いたします。同じようなプレス工場だけど実は微妙にテンプレートが違います。0.5mmとかサイズも違ったりします。これは機械でケースに封入するときのすべりやすさの具合なんでしょうね、これが違うとなんか作り直しとか言われますもんね。あと面付け(なんて言うんですか、1枚の紙に8ページ分とかを貼り付けていっぺんに印刷するんですがその各ページの並べ方に決まりがあって一見すると飛び飛びのバラバラにページが並んでます)のやり方とかも違ったりします。
なのでCDジャケットの表紙のデザインを考えてる間くらいはまぁいいのですが、他ページを作り出す前には完全にプレス工場を決めておいてほしいですね。一通り作っちゃってからプレス工場を変えたって言われると結局全ページ手直しをしちゃうこともあったんで…余分な作業なんで余分にお金がかかっちゃいましたね。
1000枚とか2000枚とかをプレスするんですが、やっぱり流通業者(ディストリビューターって言うんですか)を通します。で、そうなるとバーコードなんかも必要ですね、このバーコードは発注されるアーティスト側から支給していただきます。なんか難しいわけではないでしょうが手続きがあるようですよ、頼みますよ。それと最近悪名高い?JASRACの許認可番号なんかも必要な方は手配された後、ボクに支給してくださいね。
まぁ事務所の人がわかってる話しだとは思いますが、いろいろ手続きがありますので漏れのないようにしたいですね。
そのほかにも海外プレスを使うときなんかはmade in Japanとは表記できないのでご了承願います。made in Taiwanが多いんじゃないでしょうか。
ちなみに海外プレスト国内プレスですが品質はどうなんでしょうかね?音質にこだわる方もいらっしゃいますからね。
あんまりボクはわかんないんですが、やっぱりいいところはいいんでしょう、値段の差がどうなのかはわかりませんけど。ただ海外プレスでたまに聞くのは盤の音質より印刷のズレとか封入セットしたときに入ってないものがあったりとかがあるときがあるらしいですよ、どこの何の業者は定かではありませんが…、ま、国内なら絶対安心かどうかもわかりませんけどね。
国内の業者でもプレスは海外だったり、プレスは海外だけどセットするのは国内だったりぱっと見ただけじゃわかりませんものね。まぁ安心そうなところ(気のせいかもしれないけど)を直感で選ぶか、他で誰かが使ったところなんかを選ぶのが安心でしょうか。
あ、あとキャラメル包装ってのがありますが、これはそのままお菓子のキャラメルなどに使う包装のしかたですね。一箇所ツメでひっかけてくるくるっと一周したら上下にビニールが分かれるものです。もう一種、シュリンク包装がありますが、これは輸入盤なんかによくある真空パックみたいな感じのものです。熱でビニールを収縮させてぴちっと包装されます。ツメのひっかけようがないのでムクのがめんどくさいですね、てへ。
10mm幅の普通のCDケースだとキャラメル包装ですが、5mm幅のスリムケースだとシュリンクパックになるのが普通っぽいですね。いずれにしても販売するにあたってはこの包装がないと新品買った気がしないのではないでしょうか。
なんかアレですね、ちっとも話しがすすまないですね、CDジャケット作成に関しては言いたいこと、思いつくことがいろいろあって長くなりますが、まぁ気にしないことです。

CDジャケット作成,印刷,デザイン
CDジャケット作成

Filed under: CDジャケット制作, 制作を頼むためにTagged with: , , , , , , , ,

販売用のCDは何枚にするか

CDジャケット作成,作り方,予算,相場

そこそこ音楽活動もしてるし、ぼちぼち固定客(友人が多いかも知れないけど)もついたし、物販コーナーも充実させたいし…となってきてからのCD作成はもうちょっと枚数が必要ですね。どうなんでしょう?やっぱ数百枚は作るんでしょうか。

とりあへず自作で手書きはもうちょっとアレだよね、ってなってくるので、やっぱちゃんとしたCDを作りたいですね。
その場合、CDプレスをしちゃうってのが一番クォリティが高いですね。まぁ普通に売ってるものと遜色はありません。演奏等はわかりませんが。
しかしながらそうなってくるとプレスの枚数も500枚や1000枚じゃないと対応してもらえませんね。しかも500枚作るのも1000枚作るのも値段的には変わらなかったりします、ただ家の中の在庫が占める割合は倍になるのでご家庭をお持ちの方は家人に文句を言われることもちょくちょくあります(笑)。

実際のところCDプレスとなると200枚でも300枚でも500枚でもほとんど変わらない金額になりますね。だったらもう1000枚作っちゃおうぜってなるのが人情です。まぁそのあたりは人それぞれですのでお好きにされればいいですが、ボクの場合だと在庫がたくさんあるうちに次のアルバムを作りたくなってしまうのでできるだけ限られた部数で在庫を持たないようにしてます、家人もうるさいですし(泣)。

CDプレスを利用する場合、音源データ自体はレコーディングスタジオでマスタリングを終えたものを用意すれば大丈夫ですね。waveだったりDDCPだったりしますが、そのままプレス会社に送るだけです。

が、しかしCDジャケットの印刷用のデータも一緒に送らなければなりません。あとバックインレイ、帯、盤面ですね。
このあたりになると素人のなんちゃってデータでは受け付けてもらえないので誰かしらに頼むかしてしっかりした印刷データが必要になります。
アドビのイラストレーターやフォトショップを駆使しなくてはいけないし、トンボやCMYKや塗り足しを気にしなくてはいけないし、画像のリンクや埋め込みを考えなければいけないし、まぁいろいろです。

いや、そもそも手書きみたいなのは素人臭いデザインってのがもうちょっとイヤだなってのもあります。
まぁまぁよく聞く話なのですが、知り合いのデザインが得意な人にタダで作ってもらうってこともありますよね。もちろんそれならそれでうまうできれば問題ないのですが…絵を描くのが得意なだけで印刷用のデータは作れない、とか写真撮影はプロだけど文字とのバランスやレイアウトはもう一つ、とか何回も注文つけるとだんだん怒ってきて作業をしてくれなくなった、とか…ありますよね。せっかくの友人関係をタダで利用しようとしたばっかりに壊してしまうなんてもったいない気がします。完全データが作れてなくてプレス会社から何度も注意されたりデータを差し戻されたりしても対処法がわからずイライラされちゃったりもしますしね。

CDプレスとなると金額も10万近くになることも多いので、まぁ今回はこれでいいや、って言うには結構痛手になりますよ。
なのでたくさんの枚数を作るときは後々の作業や在庫のことまで考えてゆっくりじっくり考えてからゴーすることをオススメします。
また話はちょっと違いますが、100枚、200枚の場合にCDRコピーってのもありますが、このCDRコピーと盤面印刷を業者に出すってことも可能です。ajito55ではこれにCDジャケット作成もして、最終的にキャラメル包装までして納品することもあるのでライブハウス会場などで一人前の金額で販売することも問題ないクォリティになります。CDプレスをするよりは小ロットで、予算も抑えられるかも、です。

自分のバンドはすっかりこのパターンにして100枚ずつ作って売ってます、おかげで在庫も少なくなって嫁も喜んでいます。

CDジャケット作成,作り方,予算,相場
CDジャケット作成,作り方,予算,相場
Filed under: CDジャケット制作, 制作を頼むためにTagged with: , , , , , , , ,

CDジャケットデザイン

CDジャケットデザイン印刷制作作成

どんなミュージシャンでもオリジナルの楽曲ならば、聴いてくれる人にその曲を覚えてもらいたいし、いつでも聴いていてほしいし、できるならばライブの場で一緒に歌ってもらいたいなーとか妄想しますよね。

そのために必要なことは足繁くライブ会場に通ってもらうか、自宅やマイカーで聴いてもらうしかありません。ということは何かしら音源を手に入れてもらわないといけないですよね。黙っててもCMやドラマなどで繰り返し聴いてもらえるようなことは一部のアーティストに限られますからね。
っつーことでCDをリリースすることになります。今どきはダウンロード販売やYouTubeとかもありますが、それはそれ、これはこれです(笑)。

以下はボク個人的な思い込みも多く含みますがいろいろなパターンの一例と思って参考になればそれもまたよし、って感じで進めていきますのでご容赦ください。

まずはそのへんにゴロゴロいるアマチュアバンドの場合、活動を始めたばっかりでこれから固定客をつかもうってパターンだと…まずは名前と代表曲を覚えてもらいたいってことでデモCDをバラ撒いたり格安で売ったりします。その場合必要な枚数は100枚くらいで考えればいいんじゃないでしょうか。でもってメディアはCDRで自力でコピーするみたいなね。

5mmの薄型プラケースにペラ一枚のCDジャケットにして、アーティスト名、曲名、歌詞、URL、メアド、SNSのアカウントなどを載せておいて気になった人はwebをチェックもしくはYouTubeへ誘導する感じですね。

ただCDジャケットのオモテ面がすべてマジックで手書きのコピー用紙だと…ナメられる可能性は否めません。まぁ素人のかけだしががんばっちゃってんのね、みたいな雰囲気で家に持って帰ってもらってもその辺にそのまま置きっぱなしにされちゃうこともあります。
うーん、やっぱりね、ある程度は見てくれは重要な気がします。CDジャケットだけはやはりバンドの顔なのである程度カッコつけたいですね。アーティスト写真もカメラマンにお金払って撮ってもらわなくてもある程度解像度高めのクリアな写真なら修正や合成、背景をしっかり作ればいい感じに仕上がりますよ。

バンドロゴなんかも手書きで書いたものでもパソコンでしっかりトレースして、さらに直線や曲線もキレイに書き直せばバッチリなロゴだったりマークだったりになりますからね。
裏に歌詞を載せるだけでも、これが慣れた人がつく作ると読みやすい、見やすい、わかりやすい、ってことになります。具体的にどこをどうすりゃいいのかって一概には言えませんが、そういうセオリー的なものを知ってるかどうかで仕上がりは変わります。

まぁお金かけてプロに頼むほどのバンドじゃないんで、オレらは、ってバンドは無理ですけどね。少しでもカッコよく見せたい、他のバンドよりよくしたい、けれど最初から高額な予算はありえない、っていう方々には少しでもお役に立てる提案をいたしますよ。

CDジャケットデザイン印刷制作作成

Filed under: CDジャケット制作, 制作を頼むためにTagged with: , , , , , , , , ,

CDを作るってどういうこと?

自主制作のCDを作るアーティストってたくさんいますよね。
もちろんメジャー契約しててレコード会社や所属事務所が進めちゃうって人もいますが、そういう人はあんまりコレ読んでないと思うし。
そう、んで自力でCDを作りたいって人ね、どうしましょう。

音源自体はレコーディングスタジオやDTWなどで録音しちゃいますね。
いろいろなソフトがあるのである程度の設備があれば誰でも何となくは作れるはずです。
もちろんエンジニアを雇って作る人もいるし、インディーズとはいえ事務所が絡んでる場合はそれなりにしっかりした音源を作ってます。

で、できた音源はやっぱりキレイにCDジャケットを作ってパックして売らなければいけないです。
CDRにコピーしてハダカで手渡ししても何となく売れそうな気がしないからです。
じゃどういう形で作ればいいんでしょうかね。

とりあへず最初に計画を立てなければいけないのは、どれくらいの規模で販売するかですね。
ライブ毎にコツコツ手渡しで販売するにしても、バンドの活動の程度によって500枚必要なのか50枚でいいのか、何枚をどれくらいの期間で売るつもりなのか、で最初に作る枚数が変わってきますもんね。
月に2回のライブで1回につき10枚売れるつもりなら1年で240枚必要です。2年かけて売るつもりなら480枚ですね、ま、2年目は同じペースじゃ売れないけど。
だけど1年後には新しいCDをまた作るつもりなら在庫が増えちゃいすぎるかも、なのでもうちょっと少なく見積もったほうがいいときもありますね。
ま、これはそのへんのアマチュアバンドに多そうなパターンですけどね。

これがアイドルちゃんだったりするとCDシングルになったりして1,2曲収録、しかも1人のお客さんが写メ欲しさに何枚も買われるのでまた違った必要枚数の計算が要ります。でもってリリースのペースも早かったりすることもありますね。
ちなみにアイドルちゃん本人がお金出してCD作るってよりも所属事務所が作るので、どれくらい予算を突っ込むのかはわかりませんが。
経験上では500枚くらいをプレスすることが多いかな。あ、んでもタワレコとかHMVとかの流通に流すときなんかは2000枚とか作りますね。

インディーズのバンドでも全国流通で販売するときは少なくても1000枚ぐらい作りますね、んで大体1〜2年毎にフルアルバム作ってますよね。すごいなー、ウチのバンドじゃありえんわ…。しかもちゃんとレコ発ツアーで全国回らないとなかなか売れないのでかなり活発にライブしてますよね、みんな。まぁそれほどでもないバンドも頑張って1000枚プレスとかしてるけど家の中が狭くなったって困ってる人もいるんで作りすぎ注意です。

とりあへず新曲2曲くらいを名刺代わりにCDにして販売したり無料配布しようっていうバンドもいらっしゃいますが、そういう場合は100枚、200枚を一気にばらまいて終わりですね。そういうときなんかはCDプレスではもったいないときもあるのでCDRにコピーっていうこともできます。CDRではあるけれどちゃんとジャケ作ってプラケースに入れてキャラメル包装までしちゃえばしっかり売れますしね。

CDジャケットのデザインや制作まできっちり請け負うことはもちろん可能ですが、まずはどんな規模でCDを作るのかをしっかり決めてからいろいろなパターンの相場を探るほうがいいですね。
枚数や仕様、ページ数やメディア、ケースなど組み合わせは自由ですが値段も様々過ぎて…相場感を得るにもそれらがある程度定まってないとわけわかんないですから。

Filed under: CDジャケット, CDジャケット制作, 作品例, 制作を頼むためにTagged with: , , , , , , , , , , , , , ,