タグ: デザイナーに注文

チラシ、フライヤーの紙の厚さ

チラシ、フライヤーの種類や使いみちによって紙の厚さを変えたりしますね。

そう、いろいろな紙の厚さがあります。
例えばコート90kgって紙があるとするとコートってのが紙の種類、90kgってのが厚さです。厚さなのにkgですね、変なの。
同じサイズの紙1000枚の重さなんだけど、厚けりゃ重い、軽けりゃ薄いってことです。なので同じコート紙でも135kgは厚いし、73kgは薄いです。

よく新聞折込に入ってるようなスーパーの薄い紙などは50とか60kg代ですかね。そりゃある程度サイズが大きくて新聞に挟むし分厚い紙じゃちょっとアレですよね。そりゃ厚い紙のほうが高級な感じはしますからね、でもなんでも厚けりゃいいわけでもないですよ。三つや四つに折って使う紙なら厚すぎるとキレイに折れなかったり、そもそも折った最終形が厚すぎたり、重たくなったりしますからね。

逆に厚い紙を使うときは小さいサイズのときなんかは有効です。ハガキサイズやA5サイズとかね。ハガキくらいの大きさで新聞折込くらいの紙の厚みだと、ハラハラっとどっかへ飛んでいっちゃいそうですもん。
クラブ系のイベントとか展示会の案内系とかだとサイズは小さめだけど厚めにしておくとちょっとかっこいいですね、わかんないけど。

そうそう、割りと世の中にあるフライヤーだと大きさはA4サイズ、厚みは90kgってのが多いですよ。
ちなみに厚さの種類ってそんなにはたくさんないような気がします。90kgの次は110kg、んで135kg、160kg、180kg、220kg…もっと厚いのもありますがダンボール紙みたいになってフライヤーっぽくなくなりますね。
薄いほうへ向かうと73kg、53kg、45kg…とかでしょうか。45kgまでいくと結構薄いですね。

種類ってたくさんありました?どうなんでしょ、そのへんの印刷屋さんにお願いするときは大筋でこんなもんですけどね。普通に配るようなチラシ制作に限定するなら73〜135kgまでくらいが多いと思います。名刺とかハガキの類になると薄くても180kg、220kgとかですかね、きっと。フライヤーではないけれどショップカードのようなものを作るならこの厚みくらいのものにしたほうがいいですよ。

ついでに言っておくと同じ厚さの紙にしてもサイズが大きいとなんか薄い気がしちゃいます、逆にサイズが小さいと厚い気がします。大きい方がよくたわむからなんですけどね、ま、厚いほうが料金は高いので必要以上に厚くすることはしないほうがいいと思いますよ。

Filed under: チラシ、フライヤー制作, 制作を頼むためにTagged with: , , , , , , , , , ,

チラシの大きさ、サイズ

チラシやフライヤー(一緒ですけどね)を作ることにはなったけど大きさはどうしましょう?
普通でいいや、って普通ってどの大きさよ。
ということで何をもってして大きさを決めましょうか。まぁ思いつくのはA4サイズですかね。幅が210mmで縦が297mmです。大学ノートくらいの大きさですね。実際によく使うサイズなのでこれが普通ですね。たぶんよくホールやお店とかにあるチラシ用のラックなんかもこの大きさで揃えてある気がします。もちろんチラシに掲載する内容量や写真の大きさなんかでサイズを決めることもありますが、まぁ基準として考えるにはよいでしょう。
これね、A4サイズで内容を考えると結構なボリュームがあると思います。ガッツリ目につく写真をメインに入れて大きな文字でタイトルを入れて…詳細などは小さくまとめちゃうとまぁまぁいろいろ書けますね。さらに裏面も使うと、例えば公演の解説なんかも結構入れられます。ただあんまり細かい文字がびっしり書いてあっても読む気がしないけど。
新聞に折り込む広告としたらちょっと小ぶりですね、その場合はB4サイズくらいのことが多いです。364mmの257mmになります。ジャポニカ学習帳を見開きにしたサイズでしょうか、定かじゃないですが。
ちなみに紙の大きさにはA列とB列があって、数字が大きいと小さくなります。例えばA3サイズはA4を2枚並べた大きさ、つまり倍の420☓297mm、A5サイズはA4を2つに折った大きさ、つまり半分の210☓148mmです。B4を半分でB5で182☓257mmってことね、おわかりですね。
A5を半分にするとA6サイズ、これは105☓148mmなのでほぼハガキサイズです。ハガキは100☓148mmなのでA6サイズのフライヤーっつーともうハガキサイズにしちゃいます、ボクの場合。
新聞に折り込む場合、B4だったりさらに大きなA3にすることも多いのですが、セールの商品点数が多いときや家やクルマとかのビジュアル、写真が大きいとか点数が多いときはこれですね。しかしながらやっぱ大きいので受け取った人がじっくり広げて見られる環境でないとかなり邪魔です。
ということは街で手配りしたり、知人のお店のカウンターなどに置かせてもらうようなフライヤーの場合、もっと遠慮がちで手に取りやすい大きさが好まれる気がします。
そんなときのサイズがA5サイズやハガキサイズだろうと思います。
もちろんサイズが小さいぶんだけ情報量が減るので載せる内容や写真は吟味する必要があります。いずれにしてもムダにダラダラ長い文章があっても読んでもらえなきゃ仕方ないですよね。このブログはダラダラ長いですけど…。
これからあなたが作る必要があるチラシはどのサイズがよいですか?
内容量と併せて、そのチラシを受け取るときの対象者の環境も想像して計画してみてくださいね。

Filed under: チラシ、フライヤー制作, 制作を頼むためにTagged with: , , , , , , , , ,

チラシ・フライヤー作成

チラシ制作例

チラシを作らなければいけないときってどんなときがあるんでしょう?
お店をオープンするとき
セールを開催するとき
発表会があるとき
生徒を募集するとき
商品を紹介したいとき
会社を紹介したいとき
コンテストの応募者募集するとき
ライブイベントの集客するとき
サービスをお知らせするとき
まぁなんかわかりませんが、いろいろな場合がありますよね。
近年ですとネット上で、SNSで、ブログで、画像だけアップすることもよくあります。
実際に紙に印刷して配るときってどんなときでしょうか?
webにアップされた画像ってのもスマホですぐに見られる人には有効ですよね。単発で短期間で絞ったターゲットの場合はコストも抑えられよいことでしょう。ただしその画像を端末に保存していつでもすぐに見られるようにしておく人は少ないのではないでしょうか。極めて一過性、一瞬のまたたき、その場のレスポンスといった感じですかね。
そして見られる範囲は数センチの幅のみになります。それがよいのか、わるいのか、はチラシの内容や目的によるのかもしれませんね。
では紙に印刷する場合はどうでしょうか。
ひとまず捨てちゃわなければいつでもどこでも目に見えるとこに貼っておけば確認できますよね。そしてスマホやらよくわからんわという年代の方にも当然受け入れられます。もちろん捨てたり亡くしたりしたらおしまいですけど。
となるとイベントならある程度先の話を宣伝することになります。来月のいついつに予定入れちゃわないでよ的なアピールが必要です。また生徒募集のようなものならチラシを何枚か並べてあちこち見比べてもらうのにはとても便利です。
やはりじっくり読んでもらいたい、長く心に留めておいてほしいといったものには紙の方が便利な気がします。
あるいはセールやカフェのオープンとかなら前日や当日など期日が近いときに新聞なんかに折り込みますよね。この場合はクーポンなどをつけて来店いただくようなしくみをつけたりします。新規オープンなどはやっぱりオープン時が一番注目を浴びますから、この機会にぜひ足を運んでもらいたいな、ということです。お店によってはお客様の層は老若男女問わず狙いたいこともありますのでスマホが見られる人ばっかりを対象にしたくはないですね。
じゃ人の目にチラシが触れたとき、どう見られるのか?ってことになりますが、このへんはデザインとかレイアウトとかそういう部分が重要になってきます。ワープロで打っただけの白黒文字が並んだものでいいのか、自力で手書き文字を書き連ねたものでいいのか、うーん、そのあたりはまた今度書こうっと。
チラシ制作例

Filed under: チラシ、フライヤー制作, 制作を頼むためにTagged with: , , , , , , , , , ,

イベント用のプログラムを作成

まぁいろいろなイベントがありまして。クラブイベントとかライブイベントとかに限らず、お祭り系、ダンス系発表会、お芝居系、スポーツ系、音楽発表会、様々です。
で、その中でも演目やキャスト、解説や紹介文などが入ったプログラムが必要になるイベントもたくさんありますよね。
ajito55でよく受けるのは発表会のようなものが多いです。そりゃ前述したようないろいろなイベントに関わってきましたが、まぁわかりやすいところでね。
内容量や規模で全然違いますが、ちょっとした発表会の感じで言うと、二つ折りにした紙に、演目と出演者を記したものですね。まず表紙があって、開くと代表者のご挨拶、そこから順番に演目を並べて出演者を併記する感じです。裏の方に行くとスタッフ紹介や広告が載ってたりします。
ちょっと厚めの紙でサイズはA4やB5版を半分に折って4ページの体裁にします。
表紙は告知用に作ったチラシと似たような雰囲気にしてイベントの一貫性を保ちより印象づけるようにするとよいですね。
言っても上記の場合は、かなりシンプルなものになりますので例えばストーリーや解説、出演者の顔写真が何枚も並ぶ場合は紙面がぜんぜん足りませんね。そういうときはページを増やして8ページにするとよいです。冊子になりますが写真を増やせば見る方もやる方も思い出として持っていやすくなります。制作代も上がりますが紙面が広くなった分、広告を入れてお金を集めちゃいましょう(笑)。
他にも6ページになるように横長の紙を三つ折りにするってのもありますね。以前お客様に聞いたことなのですが女性客が多い場合はハンドバッグに入れやすいように紙面のサイズは小さめにしてるということもあります。立派なプログラムでも持って帰るのが面倒だとアレですもんね。
またもっとずっと大きなイベントだと映画のパンフレットのように20ページくらいの冊子にして販売することもあります。制作代金もそれなりにデカいのですが、イベントの重要性やレベルによってはそれぐらいしなきゃ、ってのがあります。
イベントのヒストリーや出演者ごとの挨拶、オフショット写真や詳しい解説など、お芝居、バレエ、クラシック音楽などではよくそうしますが、受け取った方もそれなりに読みがいがあるプログラムになってます。
どんなサイズでどれくらいの内容で、印刷物の仕様をどうしようかなどは、制作の前に一緒に考えたりしてるので一度聞いてみてくださいね。

Filed under: 制作を頼むためにTagged with: , , , , , , , , , , , , , , ,

ところで打ち合わせって必要?

打ち合わせ

インターネットでajito55を見つけて仕事の依頼をしてくれる方は大抵東京や大阪や、いやもっと全然遠かったりという場合が多いですね。
地元の印刷会社や広告代理店との仕事が多かったときはやっぱり打ち合わせは当然面談してましたね。相手の会社へ出向くことがほとんどでしたが、まぁアナログなイメージですわ。で、面談までしたら間違いないのかというとそういうことは全然なく、やっぱり思い違い勘違いっつーのはありましたね。
現在は物理的に会えないので仕方ない部分はありますが、ほとんどメールでのやりとりで進められますね。たまに急ぎのときやどうぢてもニュアンスを言葉にできないときは電話も使います。
そういやぁFAXも減りましたね、ゼロじゃないけど。
なのでお客様と直接会うことってホント少なくなりました。まぁ時間も取られなくて移動もないので助かるといえば助かりますが、ちょっぴりさみしい気もします。
あ、でも基本的にメールで済むならメールがいいですけどね。
そんなことを言っておきながら今日は古くからおつきあいのあるお客様のところへ打ち合わせに行ってきましたよ。なんてゆーんですかね、女の園みたいなね。原稿を受け渡しいただきながら、方針を決めながら、なんとなくおしゃべりしてきてね、ええ楽しいですよ。
言っても数ヶ月に1回くらいの頻度で普段はやっぱりメールとかラインとか電話ですけどね。
こんな感じでホントは遠方のお客様にも年に1回くらいは会いに行きたいですね。
稀に東京方面へ泊りがけで、お客様面談ツアーしてるんですけどね。まぁ都合も合わずに会えないこともあるけど、それでも1回の上京で5,6組のお客様には会いますよ。
やっぱ顔が見えるおしゃべりはいいですね。
そうそう、話は戻りますがメールやラインの打ち合わせで大丈夫ですか?ってたまに聞かれます。はい、大丈夫ですよ。ただしこちらの聞かなければならない内容をちゃんと伝えてくれて、ご自身のご希望を教えてくださいね。ええ?と思うかもしれないけど、実際自分がどういうものを作りたいか把握してない人がいらっしゃいますからね。しかもこちらの具体的な質問にも答えてくれなかったりして。霊能者じゃないんで言葉でもビジュアルでもなんでもいいので形にして伝えてくれないとわかんないことは多いですね。
ま、方針が決まっていかないと面談してようがメールしてようが関係なく満足できるものは作れないですよね。なるべくこちらからも答えやすいように質問していくのでうまく乗ってきてください。
こんな原稿をこんな感じで送ってね、ってなるべくわかるようにお伝えするので大丈夫です。
あ、でも…「めんどくさいんでメール見ないんです」とかは勘弁です、普段は勝手にしてくれていいけどボクと仕事のやりとりしてる期間はメールチェックしてくださいね。
打ち合わせ

Filed under: その他もろもろTagged with: , , , , , , , , ,