CDジャケット制作

全国のアーティストのみなさん、こんちは。
音楽活動してますか? スタジオ入って練習したり、ライブしたり、レコーディングしたり…で、今度いよいよCDを出そうってなことになったときに、せっかくの自信作なので見た目をちょっとでもよくしたいということはありませんか?

そうですね、CDジャケットが重要になってきます。インディーズレーベルを通して全国流通させたいという場合もあるし、CD-Rに焼いて200枚くらいをライブで売っていこうって場合もありますし、お客さんに名刺代わりに無料配布って場合もありますね。

いずれにしてもある程度見栄えがよいほうがいいのは確かです、しかしあんまりお金もかけられないことも多いのではないでしょうか。

そんなときには知り合いやお友達でパソコンできる人にちょっとお願いしようってことになるときがあります、無料とかおこづかい程度のギャラで。

しかしながら、料金的に安くはなったけど、もうちょっと変更してほしいときに何か頼みづらいとか、変更をしてほしいときに言いづらいとか、思ったよりセンスがよくなかったとき、あるいは友人が忙しくなって途中で放り出されちゃった、なんてことをよく耳にします。

かといってプロのデザイナーに頼んだら、勝手に意見を変えられてそのデザイナーのセンスに合わせられた、とか大幅に値段が高くなった、なんてこともあったりするようです。

ボク自身も何十年?も趣味でバンド活動をしているので、そんな話をいろいろ見たり聞いたりします。せっかくオリジ ナルの活動をしてるアーティストがたくさんいらっしゃるし、困ってることもあるかもしれないので、ちょっとだけお役に立ちたいと思いCDジャケット作成を しています。

前述したいろいろな販売・配布のパターンがあるので、そのバンドの目的に合わせたCDジャケット制作を行うように心がけてます。もしかしたらまわりのバンドやらミュージシャンにも、もうすでにajito55を利用したっていうバンド、アーティストがたくさんいらっしゃるかもしれません。

ajito55のCDジャケット制作CDジャケットを制作するということにおいて、パターンが大まかに2種類あります。

ひとつは先述したようにCD-Rなどに自力でコピーして100枚とか200枚とか作る感じです。この場合はいわゆるジャケットの部分だけをこちらで製作&印刷してお渡ししますので、コツコツとメンバーではめ込んでもらえればよいですね。

その際にCDの盤面(レーベル)については、一般に売っているインクジェットプリンターで盤面印刷していけばよいと思います。一緒にレーベルのデータの依頼もしていただければ統一感のあるものができるんじゃないかと思います。

また、それも大変だしやっぱり見栄えが…というときは、CDRにコピー、盤面プリント、ジャケットを印刷して5mmスリムケースに入れて最後はキャラメル包装で納品、というのはどうでしょうか。プレスに比べれば気楽に作れる上にパッケージがしてあるおかげでそこそこの金額で販売しても大丈夫って感じの仕上がりになりますよ。

他にもちょっと特別ですが、紙ジャケットもできます。袋状になったシングルタイプもよし、見開きになった昔のLP レコードのようなものもよいです。値段がいくぶん高いので部数・仕様などによって別途お見積もりさせていただきます。いずれも一度にたくさん作ったほうが 単価は安くなるので、ひとまず100枚、あとから追加で100枚ってするより、最初に200枚注文いただくほうがよいですね。

もうひとつのパターンがCDプレスする場合です。

この場合だと少なくとも500枚、あとは1,000枚とか3,000枚とかいった単位になります、主に流通に流したい本格的なインディーズバンドなどではこういうパターンがあります。

ajito55でプレス加工までのすべてを請け負うことはできます。が、プレス業者というのも実にたくさんありますので、ネットで検索すると安いところがいろいろ出てくるかもしれません。

ですから、それぞれバンドさんが自分たちでプレス業者さんだけを探してきてくれたところで、プレス業者に合わせたジャケットのデータを作るってことも可能です。

もちろんジャケットの他にバックインレイ(ケースの裏にはめるヤツ)とか盤面デザイン、オビも合わせて製作いたします。