フライヤーを作りたい!お店の宣伝をしたい!

チラシデザイン作成をどこか業者さんに注文したい、でも誰に何と言って注文してよいかわからない…そんなことはありませんか?

広告デザインを発注するために必要なものがわからない、どんな原稿を用意すればいいか知りたい、デザイン代や印刷代の相場がわからない、イラストを描いてもらうのって高いの?チラシやホームページなどを作って宣伝したいけれど何をどう進めていいかわからないことってたくさんありますよね。

お店を始めたばかりの方も安心、チラシ・フライヤー作りから名刺ポイントカードwebホームページ、さらにTシャツなどのオリジナルのグッズなども説明しながら、相談に乗りながら、一緒に作成いたします。

  • どこの誰に頼んでいいのかわからない
  • 何をどう考えたらいいのかわからない
  • チラシを制作するのに相場はどうなんだろう?
  • フライヤーってどんな大きさで何部ぐらい作るの?
  • ホームページを作りたいんだけど何を掲載すればいいの?
  • ロゴやイラストも描いて欲しい
  • 企業PRの動画もできる?
  • 撮影から頼みたい

などなどご要望、疑問がありましたら是非お問い合わせください。

当サイトへのアクセスいただいたアナタ!

グラフィックデザインajito55 では チラシ、 フライヤー制作から web制作、 雑誌広告、 名刺カード製作、その他グッズまで幅広く対応していますので、何かしらを作りたい、聞いてみたい、相談したい、という方にはお役に立てるのではと思っております。
ご自分の作りたいものは何でしょうか?

ajito55ではついでにアレも作りたい、とか聞いておきたい、ってことに総合的にお答えします。(わからないことはわからないって言います、できる限り調べてみますけどね!)
また下記メニューにもない、未だかつて取り扱ったことのない案件もトライしてみますので一度ご相談してみて下さいね!

ネット通販での印刷屋さんって安くて便利?

インターネットで「チラシ印刷」「フライヤー印刷」と検索するといろいろな印刷屋さんが出てきますね。そのようなネットに出てくる印刷通販会社はとても安いところもあります。それは全国から一斉に注文を取ってできるかぎりまとめて印刷することで上手に安く印刷してるのだと思います。

そのかわり1回の印刷に数多くの案件をまとめて印刷をするために、送られてきたデータの形式の違いや不具合があったときにの対応はとても厳しいことがあります。なかなか印刷屋さんで手直しをしてくれることはなく、結局データが差し戻されることになります。多くのデータを同時に扱うので一つでもデータが違えば刷れないですからね。
なので一般の方にはわかりにくいデータ形式やバージョン、ソフトなどが合わないといけないのです。

  • とりあへず印刷代は安い
  • 印刷や紙の知識が必要
  • 制作ソフトの互換が大切
  • データの不具合は自己責任
  • 先払い必須

次にデザイン代ですが、これまた多種多様、高いところはA4片面カラーで5万とか8万とかします。また逆に安いところは数千円のところもあります。実際の仕上がりの違いは…頼んだことがないのでわかりません…、デザイン事務所で営業がいてデザイナーがいてコピーライターがいて、ってところは概ねやはりいい値段で、安いところは一人で運営してて格安で次々と数をこなしていくイメージです(あくまでイメージです)。また安いところは修正や変更に回数制限があったり、ちょっとした画像加工や地図製作も別途費用がかかることもあります。

  • デザイン代は基準がわからない
  • 高ければ素敵とか安ければダサイとは言い難い
  • 基本は安いけどオプション代金が高い
  • 修正回数に制約があるかも
  • 希望を伝えやすいかどうか

ajito55はどうかというと…基本後者に近いのですが(笑)、得意分野をもった子分たちがいたりするので完全に一人ではありませんが、実際の打ち合わせは私一人が行う場合がほとんどですので大手のように営業の言うこととデザイナーのやることが違うといったことはありません。

あとはよっぽどめんどくさくなければ修正回数が増えてもガマンしてます。どうしても厳しい場合は別途お見積もりで追加料金をいただきますが、なるべくお互いに納得のいける範囲での作業を行っております。

A6フライヤー(ハガキサイズ)のデザイン+データ制作+印刷まで含めた金額例です。

(表カラー・裏モノクロもしくは裏なし)ハガキほど厚くないけど、割と厚め(コート135kg)

500部まで22000円+消費税〜

いかがなものでしょう?

紙の印刷物、それともインターネット?どっちも大事

紙の印刷物の必要性ってあるんでしょうか?インターネットとスマホがここまで普及してきた現在、ほとんどの方がスマホを持っていらっしゃいますがどうなんでしょうね。どれくらいの方が自分の欲する情報にスムーズにたどりつけるのか、またweb上で得た情報を活用できるのでしょうか。

年代や生活スタイルなどによってそのあたりは様々だと思いますが、 チラシ・ フライヤーについてはそういった差異が小さいように思いますよ。スマホやパソコンでブラウザやアプリを立ち上げることもなく、気になるチラシは冷蔵庫などに貼って(笑)いつでも確認、見直すことができますよね。

  • ターゲットにしたい年代
  • 広告の賞味期限
  • 伝えたい内容
  • 商品写真などの必要性
  • 直接手渡ししたい
  • 拡散させる範囲

期日の迫ったイベントなどスピード感の必要なものはともかく、予めある程度の期間を想定した告知の場合は誰にとってもわかりやすく有効な部分は多くあると思います。

ajito55でフライヤー制作を行った場合、お客様のご希望によりチラシ本体をJPEG画像にしたものをお渡ししておりますのでご自分のサイトやSNSで気軽にアップすることもできますので、アナログとデジタル、両方を駆使していただきより多くの方の目に触れる方向で制作を進めて参ります。

インターネットが普及した昨今、紙媒体の減少があちこちで噂されていますが、皆様いかがでしょう。

そりゃ確かに社内回覧の資料だとか、なんてことないちょっとしたものなどは紙に印刷しなくても十分事足りますよね。むしろ地球温暖化のためにはそのほうがよいと思います。

しかしながら、では営業のために一般のお客様に気楽な感じで商品説明を御覧頂こうと思ったときにはどうでしょう?やはり老若男女年代を問わず、安心して情報をお届けするには紙に印刷したモノの方が圧倒的にわかりやすいですよね。

ご商売をされている方なら当然なんらかの印刷物を作る必要があると思います。もちろんなるべく経費はかけずにすめばいいなぁってことも含めてです。

グラフィックデザイン、印刷、web作成

お店をオープンするけど、いろいろ相談しながら制作したい。

実際お店をオープンする場合、どういったものが必要なんでしょう。またそれらを用意しなければいけないタイミングはいつなのでしょう。名刺、案内ハガキ、チラシ、メニューロゴマーク、看板、 スタッフTシャツ、いくらでもありますね。

グラフィックデザイン、印刷、web作成

まずはチラシだけを考えてみましょう。

フライヤー、チラシといっても手配りのものから、いろいろなお店に置いていただくモノ、新聞折り込みにするものもあれば、ダイレクトメールとして郵送・発送するものといろいろございます。 では、どういった形でどのような人に、どれくらいの部数を用意すればいいのか。

新聞に折り込むなら万単位の枚数が必要ですし、手配りなら数百枚、お店に置いてもらうなら数十枚ってこともあります。
内容によってフルカラーがいいのか、モノクロでも大丈夫なのか、ボリュームによって片面でいいのか、両面必要なのか…あるいはそのチラシを読まれる方の年齢によって文字の大きさも変わってくるので紙のサイズも考えなければいけませんね。

まずはどれくらいの文字のボリュームがあって、どんな写真をどれれくらい使いたいのか、で紙の大きさを考えましょう。そして配り方によって枚数を決めて、配る先を考えて紙の厚みや種類を決めましょう。

とにかく何でもいいのでチラシを作りたい、ってだけ言ってたら結局何も決められませんからね。そういったことのご相談から承りますのでご安心くださいね。まぁ印刷屋さんやデザイナーさんではなかなかそこまで話に乗ってくれないかもしれないですし、コンサルタントや広告代理店では結構なお代がかかるかもしれないので、ほどよくajito55にご相談くださいませ。

紙の印刷物って必要なの?SNSがあればいいんじゃないかな

いやいや、ウチはホームページがあるし、FaceBookもやってるから大丈夫、という方もいらっしゃいます。

もちろんそれは重要なことですが、パソコンやスマートフォンが見られない環境、お年寄りなどを完全に切り捨てることにもなりませんか?有用なチラシなどは冷蔵庫に磁石で貼ってあるよ、という方は大勢いらっしゃいます。

ブックマークしてあるから大丈夫、って方よりも人数も多いかも知れないですし有効な見込み客である可能性もあります。そのような方々をできるかぎりの取りこぼしを防ぎたいところではないでしょうか?

紙の印刷物は昔からありますが、やっぱり今も減ったとはいえなくなりません。なくなっていくのは会社内で扱う書類だとか、なにかしらのテキストだとかではないでしょうか?つまり最初から目的意識があって話のわかる人同士の間ではわざわざ紙に印刷して確認することはなくなったってだけじゃないんでしょうか。

見ず知らず、不特定多数、特に興味がない、そんな方々にアピールしなければいけない場合、やはりビジュアル一発で目に飛び込ませようとするなら紙に刷ってあるものが強いように思います。わざわざブラウザを立ち上げることなく、知らず知らず目につく、そんな広告がじわじわと購買意欲にアピールできるんじゃないかって気がします。

若い人はもうみんなスマホだよ、なんて知った顔して言う人もいるとは思いますが、ではスマホを持ってる人にどれだけ高いリテラシーがあるのか、狙った情報をどれだけ思い通りに手に入れられてるのか、実際のところはわからないですよね。いや、私の実感としてはSNS見るぐらいしかできてない人がとても多いように思います。

一度目にしたサイトに二度目はたどり着けない程度の人もたくさんいるように思います。そうなると紙の印刷物は安心ですね、それこそ冷蔵庫に貼ってあればいつでも目につきます(笑)。

いずれにしてもwebを活用することはそれほど経費がかからない(手間はかかるかもしれませんが)ことが多いので、紙のチラシ・フライヤーを作ったうえで、そのソースを再利用、つまりweb用の画像に変換してあらためて自分のサイトやフェイスブックやらに使えるのが一番いいような気がします。もちろん紙のチラシの納品と同時にweb用の画像も制作してお渡しできますよ。

チラシ フライヤー制作をご希望の方へ

基本的にajito55は、割と正直に商売してます。ご予算があるところでもないところでも同じように対応させてもらってます。もちろん出来る限り予算を抑えて、満足いただけるよう心がけております。 最初からできるだけ正直にお互いが納得いけるような金額・作業内容をご提案できるようにしています。

発注されているお店屋さんにはもちろん喜んでいただきたいし、その広告を見て足を運ばれる末端のお客さんにももっと喜んで欲しいです。そして当然ですが、ajito55も儲かって喜びたいわけです。一人だけ儲けようとは思っていませんよ。

とりわけ最近は不況だなんだということで、広告費を抑えたいということもあるかもしれませんが、ウチにいらっしゃる方には今まで広告なんてやったことないなーって方も多くいらっしゃいます。

今まではそれでもよかったけど、やっぱり最近では不況風が吹いててちょっと心配なので、広告を作りたいなってなったりします。そうなると一方では広告費を削り、一方では広告費を増やすということが起きています。

結論から言うと、広告費を削りたい場合、あらためてajito55 にフライヤー・チラシ製作の依頼をしてみて今までよりも安くなれば御の字です。もしくは今まで広告を作ったことがない場合、どういった感じで進めていけばいいかを一緒に考えて参ります。

それで当社も儲けてお客さんも助かって、そのお店に来るお客さんもわかりやすいものができるの一番じゃないかと考えております。

では以下のページから順番にご覧頂いて、 チラシ フライヤー制作について考えてみましょう

チラシ・フライヤーデザイン・制作・印刷

チラシ フライヤー制作

初めて作る方もご相談下さい。一緒に考えながら制作いたします。

詳しく見る

チラシ・フライヤーデザイン・制作・印刷

チラシ フライヤーを作るには

サイズ、枚数、何を決めればいいでしょう。

詳しく見る

チラシ・フライヤーデザイン・制作・印刷

チラシ フライヤー制作料金

安いところはありますが、料金だけで決めますか?

詳しく見る

CDジャケットデザイン・制作・印刷

チラシ フライヤー制作例

一部ですが、過去の制作例をどうぞ。

詳しく見る

フォロー、友だち登録お願いします!

graphic design ajito55
info@ajito55.com
https://ajito55.com/
466-0848 名古屋市昭和区長戸町6-1-37
(電話10時〜8時、メール24時間) 090-1860-2319