「芸能プロダクション」タグアーカイブ

CDジャケット例

アイドルではないです、演歌のCDジャケットです。若い人が歌う演歌もいいですよね、おじいさんたちが喜びそうじゃないです?
#CDジャケットデザイン #自主制作 #インディーズ #広告 #グラフィックデザイン #印刷 #デザイナーに注文 #まかせて安心 #音楽 #イベント #ミュージシャン #演歌 #CD

CDプレスについてはどう?

CDジャケット作成の依頼を受けるときに、少なからずレーベルっつーんでしょうか、音楽事務所?タレント事務所からということがあります。そういう場合はアレですね、CDプレスまで請け負うことは少なくて大抵の場合データで納めることがほとんどです。
その場合はあらかじめプレス工場を教えてもらっておいて、そこのプレス工場が配布しているテンプレートに合わせて制作いたします。同じようなプレス工場だけど実は微妙にテンプレートが違います。0.5mmとかサイズも違ったりします。これは機械でケースに封入するときのすべりやすさの具合なんでしょうね、これが違うとなんか作り直しとか言われますもんね。あと面付け(なんて言うんですか、1枚の紙に8ページ分とかを貼り付けていっぺんに印刷するんですがその各ページの並べ方に決まりがあって一見すると飛び飛びのバラバラにページが並んでます)のやり方とかも違ったりします。
なのでCDジャケットの表紙のデザインを考えてる間くらいはまぁいいのですが、他ページを作り出す前には完全にプレス工場を決めておいてほしいですね。一通り作っちゃってからプレス工場を変えたって言われると結局全ページ手直しをしちゃうこともあったんで…余分な作業なんで余分にお金がかかっちゃいましたね。
1000枚とか2000枚とかをプレスするんですが、やっぱり流通業者(ディストリビューターって言うんですか)を通します。で、そうなるとバーコードなんかも必要ですね、このバーコードは発注されるアーティスト側から支給していただきます。なんか難しいわけではないでしょうが手続きがあるようですよ、頼みますよ。それと最近悪名高い?JASRACの許認可番号なんかも必要な方は手配された後、ボクに支給してくださいね。
まぁ事務所の人がわかってる話しだとは思いますが、いろいろ手続きがありますので漏れのないようにしたいですね。
そのほかにも海外プレスを使うときなんかはmade in Japanとは表記できないのでご了承願います。made in Taiwanが多いんじゃないでしょうか。
ちなみに海外プレスト国内プレスですが品質はどうなんでしょうかね?音質にこだわる方もいらっしゃいますからね。
あんまりボクはわかんないんですが、やっぱりいいところはいいんでしょう、値段の差がどうなのかはわかりませんけど。ただ海外プレスでたまに聞くのは盤の音質より印刷のズレとか封入セットしたときに入ってないものがあったりとかがあるときがあるらしいですよ、どこの何の業者は定かではありませんが…、ま、国内なら絶対安心かどうかもわかりませんけどね。
国内の業者でもプレスは海外だったり、プレスは海外だけどセットするのは国内だったりぱっと見ただけじゃわかりませんものね。まぁ安心そうなところ(気のせいかもしれないけど)を直感で選ぶか、他で誰かが使ったところなんかを選ぶのが安心でしょうか。
あ、あとキャラメル包装ってのがありますが、これはそのままお菓子のキャラメルなどに使う包装のしかたですね。一箇所ツメでひっかけてくるくるっと一周したら上下にビニールが分かれるものです。もう一種、シュリンク包装がありますが、これは輸入盤なんかによくある真空パックみたいな感じのものです。熱でビニールを収縮させてぴちっと包装されます。ツメのひっかけようがないのでムクのがめんどくさいですね、てへ。
10mm幅の普通のCDケースだとキャラメル包装ですが、5mm幅のスリムケースだとシュリンクパックになるのが普通っぽいですね。いずれにしても販売するにあたってはこの包装がないと新品買った気がしないのではないでしょうか。
なんかアレですね、ちっとも話しがすすまないですね、CDジャケット作成に関しては言いたいこと、思いつくことがいろいろあって長くなりますが、まぁ気にしないことです。

CDジャケット作成,印刷,デザイン
CDジャケット作成

CDを作るってどういうこと?

自主制作のCDを作るアーティストってたくさんいますよね。
もちろんメジャー契約しててレコード会社や所属事務所が進めちゃうって人もいますが、そういう人はあんまりコレ読んでないと思うし。
そう、んで自力でCDを作りたいって人ね、どうしましょう。

音源自体はレコーディングスタジオやDTWなどで録音しちゃいますね。
いろいろなソフトがあるのである程度の設備があれば誰でも何となくは作れるはずです。
もちろんエンジニアを雇って作る人もいるし、インディーズとはいえ事務所が絡んでる場合はそれなりにしっかりした音源を作ってます。

で、できた音源はやっぱりキレイにCDジャケットを作ってパックして売らなければいけないです。
CDRにコピーしてハダカで手渡ししても何となく売れそうな気がしないからです。
じゃどういう形で作ればいいんでしょうかね。

とりあへず最初に計画を立てなければいけないのは、どれくらいの規模で販売するかですね。
ライブ毎にコツコツ手渡しで販売するにしても、バンドの活動の程度によって500枚必要なのか50枚でいいのか、何枚をどれくらいの期間で売るつもりなのか、で最初に作る枚数が変わってきますもんね。
月に2回のライブで1回につき10枚売れるつもりなら1年で240枚必要です。2年かけて売るつもりなら480枚ですね、ま、2年目は同じペースじゃ売れないけど。
だけど1年後には新しいCDをまた作るつもりなら在庫が増えちゃいすぎるかも、なのでもうちょっと少なく見積もったほうがいいときもありますね。
ま、これはそのへんのアマチュアバンドに多そうなパターンですけどね。

これがアイドルちゃんだったりするとCDシングルになったりして1,2曲収録、しかも1人のお客さんが写メ欲しさに何枚も買われるのでまた違った必要枚数の計算が要ります。でもってリリースのペースも早かったりすることもありますね。
ちなみにアイドルちゃん本人がお金出してCD作るってよりも所属事務所が作るので、どれくらい予算を突っ込むのかはわかりませんが。
経験上では500枚くらいをプレスすることが多いかな。あ、んでもタワレコとかHMVとかの流通に流すときなんかは2000枚とか作りますね。

インディーズのバンドでも全国流通で販売するときは少なくても1000枚ぐらい作りますね、んで大体1〜2年毎にフルアルバム作ってますよね。すごいなー、ウチのバンドじゃありえんわ…。しかもちゃんとレコ発ツアーで全国回らないとなかなか売れないのでかなり活発にライブしてますよね、みんな。まぁそれほどでもないバンドも頑張って1000枚プレスとかしてるけど家の中が狭くなったって困ってる人もいるんで作りすぎ注意です。

とりあへず新曲2曲くらいを名刺代わりにCDにして販売したり無料配布しようっていうバンドもいらっしゃいますが、そういう場合は100枚、200枚を一気にばらまいて終わりですね。そういうときなんかはCDプレスではもったいないときもあるのでCDRにコピーっていうこともできます。CDRではあるけれどちゃんとジャケ作ってプラケースに入れてキャラメル包装までしちゃえばしっかり売れますしね。

CDジャケットのデザインや制作まできっちり請け負うことはもちろん可能ですが、まずはどんな規模でCDを作るのかをしっかり決めてからいろいろなパターンの相場を探るほうがいいですね。
枚数や仕様、ページ数やメディア、ケースなど組み合わせは自由ですが値段も様々過ぎて…相場感を得るにもそれらがある程度定まってないとわけわかんないですから。