タグ: 広告

ホームページを持つ3

あれっすかね、やっぱりみなさんSNSってやってらっしゃるんでしょうか、ソーシャルネットワークシステムの略ですね。フェイスブックや、ツィッター、インスタグラムとかなんかそういうのです。

一応ajito55でも上記の3つはありますね、あとLINE@やgogle+とかyoutubeとかなんかいろいろ適当にやってます。あ、このブログもそうだしアメブロやアメーバownedとかとりあへず経費のかからないあれこれに登録してありますよ、もし目にする機会があればなんか反応ください。

とりあへずですね、自社サイトのアクセスを増やしてなんとか新規集客につなげないかといろいろやってるわけですよ。

んで、それぞれのSNSでのウチの場合の使い方?活用のしかた?なんて言うんですか、それぞれの反応的な話しです。

Facebookはですね、ウチの場合は関東はじめ全国にお客様がいらっしゃいますのでそれらの方々の動向というかフォローというか、忘れられないようにというか、何かしらおつきあいができてます。仕事とかは関係なしにおもしろい話題やらを見たり聞いたりしてますね。いや、もちろん中央の様子、地方の様子なんかもわかるときがあってなんとなく助かってるような…そんな感じですね。

友だちの友だちみたいな方を紹介していただいて新たな案件を問い合わせてもらったり、過去のやりとりの様子をうかがってもらってそれとなく安心して仕事運びができるような雰囲気を醸し出してます。まぁ何よりも今この瞬間も現役でバタバタ仕事しちゃってるアピールをしてますね。

フェイスブックはお年寄りが多いっていう印象があるかもしれませんが、ボクの場合は経営者が多いっていう印象です。たぶん経営されてる方は同じように仕事してますアピールをされてると思うので似たような感じの使い方なんじゃないでしょうか。その中でお互いコラボできるか、利用しあえるか、役に立つことはないか、情報を求めてるって感じなんですかね、わかんないけど。

twitterについてはですね、もっと短いスパンというか、瞬間的というか、今忙しいとか、今これをやってるとか、そういう状況をお知らせする感じなんでしょうか。遊んでるのか仕事してるのかをお知らせしてるっていうかね、文字数も少ないですし、あんまりうまく活用できてない気がするんですが…どうなんでしょう、みなさまは。

飲食店や小売店みたいにリアルタイムでサービス状況やお得情報みたいなのがajito55にはないですからね…まぁせいぜいボク個人の状況を面白がってもらえれば程度の使い方です。

instagramについてはもっとも最近やりはじめたところなのですが、主に過去作品の紹介に使ってます。こんなフライヤーを作成した、こんなCDジャケットをデザインした、みたいなね。もともと写真だけでアピールするようなシステムなのでたまーに過去作品をまとめて撮影しておいてちょくちょくアップするような使い方です。

twitterとinstagramについてはハッシュタグってうんですか、それが肝なんですよね、きっと。#をつけて単語を並べるアレです。そのハッシュタグによって閲覧される方がいらっしゃるので気になる単語を並べてみたりして。

でもアレっすね、インスタについてはわけのわからない起業セミナーやコンサルみたいな変な人がワラワラと集まってくるのでめんどくさいです、まぁ無視ですけど。

それぞれのSNSは自社サイトに埋め込むことができます。なのでFacebookとtwitterを連携とかさせちゃうと同じ記事が同一画面に並ぶだけってことになるので、どうかなーなんて思います。書くのは楽だけど見るのはつまらないからね。

とはいえアレコレのSNSにコツコツまめにあっちもこっちも記事を上げていくのはとてもめんどくさいです。そんなにネタもないし、日々書き続けるのは大変です。が、しかし何ヶ月も放ってあるのは手抜きの証拠、めんどくさいからやらない、っていうアピールに他ならないのでそんな業者も使いたくないし…

ということで便利でスピード感あるSNSですが、やるだったらかなりの労力を費やす覚悟がいりますね(自己反省…)。

Filed under: web, いろいろな生活, 仕事に関する考察, 制作を頼むためにTagged with: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

シール、ステッカー作り

子供の頃、雑誌の付録なんかでシールがついてくると机や筆箱にペタペタ貼ってましたね。んで中学も越えてくるとレコード予約特典などでもらえるアーティストのステッカーをカバンやギターにペタペタ貼ったりしてました。

なんつーか、ステッカーは憧れですよね。

今は自分のバンドロゴをステッカーにしてエフェクターケースやギターに貼ってます。しかも物販では販売までしてますからね、てへ。

そういうことは誰でも思うことで、全国のバンドマンからオリジナルステッカー制作の依頼がやってきます。

バンドマンだけではないですよ、バイクチームやダンスチーム、サークルなどなど…みんなステッカーを作りたいんですね。

とか言ってみたもののご依頼の中には企業やお店も結構あるんですよ。商品袋に貼るものや、包装袋を留めるためのもの、商品そのもののラベル、工務店のヘルメットに貼る企業ロゴシール、パイロンに貼る会社名、自動車に貼る大きなもの…いろいろなものを手がけてます。

使い途によってステッカーの素材を変えたりします。防水の塩化ビニール製だったり、訂正シールなら白の上質紙、透明フィルムだったり、ボコッと浮き出るエンボス加工をしたり。

また形も四角や円形ばかりじゃなくって、星や雲、ハートとかもできますよ。

なんにしても出来上がったシールを貼るのはなんとなく楽しいですよね。

いつか何かの機会があったらオリジナルステッカーを作ってみてください。何枚からでも大丈夫です、1枚だけでもオッケー(もちろん単価は高いけど)なので相談してみてください。

Filed under: いろいろな生活, その他もろもろ, シール、ステッカー, 仕事に関する考察, 作品例Tagged with: , , , , , , , , , , ,

マジで会社やめちゃうの?

自分でお店を出したい、なんて方のお手伝いをしています、もちろん名刺や看板、メニューとかポップとかの制作なんですけどね。

んで、いろいろお話しを伺いながらどんなデザインでどういう広告にしよっかなーと一緒に考えます。で、思うこと。

なんで会社やめて独立するの?ってことなんですが…

仕事がつまらない、給料が安い、休みが少ない、上司がバカ、社長がケチ、自分で商売すれば丸儲けできる…などなど。

っていう人は全員独立なんてやめちまえ。

規模に依るのかどうかは知らないけど、仕事が楽しくなければ自分一人では商売できませんよ。24時間休みなしで業務をこなしてても気にならないくらいじゃないとつまんないですよ。

会社の中じゃいろいろ制約があったけど自分のやりたい仕事の仕方ならもっとお客さんを喜ばせられるんじゃないか、とかね、それが一番大事な気がします。

誰にどんなサービスをどれくらい提供できるのか、どんな方法ならそのサービスを自分のストレスのないやりかたで遂行できるのか、その辺が明確じゃないと何をどうしていいのかわかんなくなりますよ。

もちろんやってみなけりゃわからないことなのですが、わからないから考えなくてもいいわけじゃありません。自分のお店がどこへ向かいたいのか、は現状ただの理想や妄想かもしれなくてもまず持つべきでしょうね。

つまり…今の会社員暮らしは仕事もできてるし上々ではあるけれど、それだけでは働き足らないくらいの気持の人が独立すべきでしょう。

看板一つ作るにも、ご本人から

「どうしましょう? わからないんで何でもいいから売れそうなヤツを作ってください」

とか言われるとどうしていいかこっちがわからないですよね。となるとお客さんも何がその店に訪れるメリットなのかがわかりません。

こういうことをこうしたい、っていう話なら、それならこういうふうにしたらどうでしょう、ってな建設的な打ち合わせができるようになるんでね、うん。

ま、デザインとは話がずれてるようにも思えますが、ずれてないですから。

以上はあくまで私個人的な感想なので異論があっても、へぇそうかな、知らんけど…程度の対応でお願いします(笑)。

なんでこんな写真やねん!?とか、まぁ気にせずに…

Filed under: いろいろな生活, 仕事に関する考察Tagged with: , , , , , , , , , , , , ,

フライヤー作り方〜レイアウト

ま、写真集を作るわけではなくて広告を作るわけなので、なんといってもチラシの場合文字を読んでもらいたいわけです。

言いたいことはいろいろあるんでしょうが、まずは一発タイトルがあるわけです。セールのお知らせかイベントかなんかだとしてね、目を引く文言がありますね。そしたら次に日程だったり、会場だったり、出演者だったりがありますよね。んで、詳細とか説明とかがあって、次に注意とかなんとか…。

つまり読んでもらいたい順位をしっかり分けるってことです。その順番が違うと広告の訴求力が変わってきちゃうかもしれません。

んで、これが一番だって文言が決まれば、それをでっかく表記します。もうね、でっかくですよ。次の順位の文言との差が5倍くらいデカいぐらいで。

そしたらこれは載せてなきゃならないけどまぁ見えなくていいかもくらいの最後の順位を小さく小さく端っこに表記します。

あとは中間の順位の文言をなんとなくバランス見ながら入れてみます。

こういう文字の大きさの差異をジャンプ率って感じで言うのですが、ジャンプ率がデカイほうがぱっと見て目につきやすいように思います。

アイキャッチとでも言うんでしょうか、目を引くアイテムがあれば何にしても目立ちます。ま、ただ目立てばいいわけでもないのでそこには訴えたい内容をきちんと書いておかなきゃいけませんよ。

写真などを使う場合もメインの写真が紙面の半分とかにガッツリ入れたほうがいいです。

なんにしても、ちょっと他より大きいとか、本文より少し小さいとかいう半端なメリハリだと、どこ読んでいいかわかんないので結果的に全部を見てもらえない、なんてことになっちゃいます。

Filed under: チラシ、フライヤー制作, 仕事に関する考察Tagged with: , , , , , , , , , , ,

フライヤーデザイン〜色

チラシを作成するにあたって、ベースの色は何色がいいんでしょう?

ま、好きな色で作ってもらえばいいんですけどね。

ただ色によって印象やイメージが違うのは確かなので、いくらかはその一般的な感覚も押さえたほうがいいような気がします。

そもそもフライヤーって、別に見たくない方々に興味を持ってもらうためのものなのである程度のわかりやすさが必要です。そうなると色使いにしても多くの人がイメージしてるものと大きく違わないことも大事になりそうですね。

例えばお寿司屋さんのチラシが緑だったらなんか変だし、イタリアレストランが白黒だったらピンと来てもらえないかも。イタリアレストランだったらひとまずはオレンジやグリーンがメインカラーのイメージじゃないでしょうか。

また高級感のあるチラシを作るときにピンクや黄色とかじゃ雰囲気出ないですし、ファミリー向けのチラシで真っ黒に赤みたいでは怖そうだし。

もちろん色がすべてではないけれど、自分がフライヤーで紹介したいことを表現するために、まずは多くの初見の一般人の皆さんがどのように捉えてくれるか、ってことを想像してみるとよいですね。

黒…高級、本格的、マニアック、強そう、夜

赤…激しい、熱い、情熱、力強い

青…さわやか、落ち着いた、夏、昼間

黄…かわいい、チープ、子供っぽい、やさしい

みたいなね、わかんないけど、そういう色のイメージと商品や対象者との関係を気にするだけでちょっと宣伝効果が上がるんじゃないのかなーと。

Filed under: いろいろな生活, チラシ、フライヤー制作, フライヤー、チラシ, 仕事に関する考察, 作品例Tagged with: , , , , , , , , ,