タグ: 印刷

オリジナルTシャツ作成

こう暑くなってくると半袖Tシャツが欲しくなりますね。

ユニクロもいいもの売ってますが、オリジナルも作りたいですよね。ここでは個人で1枚作ってみるってのではなくて、団体やグループ、企業はバンド、スクールで作る場合を想定してます。

ajito55でTシャツを作る場合に多いのはシルク印刷です。名称はどうでもいいのですが印刷方法としては、いわゆるハンコにインク付けて押す感じですね。まぁ版画とかも似たノリです。

ということはプリンターで印刷するように色とりどりではないですね。単色で刷るか複数の色で刷るかは選べるけど色のインクが増えるとハンコも増えます。

印鑑のイメージしてもらえばいいのですが、黒なら黒、赤なら赤って感じになるので、例えば黒から徐々に赤にグラデーションで…とはなりません。でもハンコを増やせば、まず輪郭を黒で刷っておいて、あとから赤用のハンコで赤い部分を刷るってことはできますよ。

なので自分でTシャツプリントをイメージするときは、イモ版で年賀状作るときの雰囲気で絵柄や色付けを考えるといいですよ。

Filed under: その他もろもろ, 仕事に関する考察, 制作を頼むためにTagged with: , , , , , , , , , , , , ,

余白の話

余白っつってもデザイン的なアレはおいておいて。

例えばA4のチラシを印刷するときに、A4の用紙をセットして印刷するってわけじゃないのです。

もうちょっと大きな紙に印刷してから、A4の大きさに断裁します。

なんでですかね、ええ。

なので用紙いっぱいに写真があったり、フチまで模様があったりする場合には余分に色をつけておきます。この余分なとこが3mmくらい必要です、塗り足しとかいいます。

機械で断裁するんだけど、これが若干ずれたりします。もしもズレた場合、端っこまである写真より内側で切れりゃいいんだけど外側にズレて切れると紙色、つまり白い部分ができちゃいます。言葉ではいいづらいけど。

ということで3mm余分に外側に写真なり模様なりをはみ出させて作らないと印刷屋さんは刷ってくれませんね。

逆に紙面のギリギリまで文字やらをレイアウトしちゃうと、内側にズレた場合文字が切れちゃいます。ということで紙面の端っこには少なくとも3mm以上余白が必要です。

コレ、知らないと印刷用データとしてはいいものができなくなるんで注意ですね。どんなに素敵なデザインや写真でも印刷屋さんが刷れないわってなったらカタチになりませんからね。

かなり地味な話でしたね…。

Filed under: チラシ、フライヤー制作, 仕事に関する考察Tagged with: , , , , , , , , , , ,

マジで会社やめちゃうの?

自分でお店を出したい、なんて方のお手伝いをしています、もちろん名刺や看板、メニューとかポップとかの制作なんですけどね。

んで、いろいろお話しを伺いながらどんなデザインでどういう広告にしよっかなーと一緒に考えます。で、思うこと。

なんで会社やめて独立するの?ってことなんですが…

仕事がつまらない、給料が安い、休みが少ない、上司がバカ、社長がケチ、自分で商売すれば丸儲けできる…などなど。

っていう人は全員独立なんてやめちまえ。

規模に依るのかどうかは知らないけど、仕事が楽しくなければ自分一人では商売できませんよ。24時間休みなしで業務をこなしてても気にならないくらいじゃないとつまんないですよ。

会社の中じゃいろいろ制約があったけど自分のやりたい仕事の仕方ならもっとお客さんを喜ばせられるんじゃないか、とかね、それが一番大事な気がします。

誰にどんなサービスをどれくらい提供できるのか、どんな方法ならそのサービスを自分のストレスのないやりかたで遂行できるのか、その辺が明確じゃないと何をどうしていいのかわかんなくなりますよ。

もちろんやってみなけりゃわからないことなのですが、わからないから考えなくてもいいわけじゃありません。自分のお店がどこへ向かいたいのか、は現状ただの理想や妄想かもしれなくてもまず持つべきでしょうね。

つまり…今の会社員暮らしは仕事もできてるし上々ではあるけれど、それだけでは働き足らないくらいの気持の人が独立すべきでしょう。

看板一つ作るにも、ご本人から

「どうしましょう? わからないんで何でもいいから売れそうなヤツを作ってください」

とか言われるとどうしていいかこっちがわからないですよね。となるとお客さんも何がその店に訪れるメリットなのかがわかりません。

こういうことをこうしたい、っていう話なら、それならこういうふうにしたらどうでしょう、ってな建設的な打ち合わせができるようになるんでね、うん。

ま、デザインとは話がずれてるようにも思えますが、ずれてないですから。

以上はあくまで私個人的な感想なので異論があっても、へぇそうかな、知らんけど…程度の対応でお願いします(笑)。

なんでこんな写真やねん!?とか、まぁ気にせずに…

Filed under: いろいろな生活, 仕事に関する考察Tagged with: , , , , , , , , , , , , ,

フライヤー作り方〜レイアウト

ま、写真集を作るわけではなくて広告を作るわけなので、なんといってもチラシの場合文字を読んでもらいたいわけです。

言いたいことはいろいろあるんでしょうが、まずは一発タイトルがあるわけです。セールのお知らせかイベントかなんかだとしてね、目を引く文言がありますね。そしたら次に日程だったり、会場だったり、出演者だったりがありますよね。んで、詳細とか説明とかがあって、次に注意とかなんとか…。

つまり読んでもらいたい順位をしっかり分けるってことです。その順番が違うと広告の訴求力が変わってきちゃうかもしれません。

んで、これが一番だって文言が決まれば、それをでっかく表記します。もうね、でっかくですよ。次の順位の文言との差が5倍くらいデカいぐらいで。

そしたらこれは載せてなきゃならないけどまぁ見えなくていいかもくらいの最後の順位を小さく小さく端っこに表記します。

あとは中間の順位の文言をなんとなくバランス見ながら入れてみます。

こういう文字の大きさの差異をジャンプ率って感じで言うのですが、ジャンプ率がデカイほうがぱっと見て目につきやすいように思います。

アイキャッチとでも言うんでしょうか、目を引くアイテムがあれば何にしても目立ちます。ま、ただ目立てばいいわけでもないのでそこには訴えたい内容をきちんと書いておかなきゃいけませんよ。

写真などを使う場合もメインの写真が紙面の半分とかにガッツリ入れたほうがいいです。

なんにしても、ちょっと他より大きいとか、本文より少し小さいとかいう半端なメリハリだと、どこ読んでいいかわかんないので結果的に全部を見てもらえない、なんてことになっちゃいます。

Filed under: チラシ、フライヤー制作, 仕事に関する考察Tagged with: , , , , , , , , , , ,

フライヤー作成〜書体

たくさん書体ってありますよね。

ものすごい数の書体があるんだけど、でも多くは英語の書体ですよね。日本語の書体もなんだかんだあるんですが、ひらがな、カタカナ、んで漢字もあるので全部揃った日本語書体になると英語に比べてぐっと減りますね。

そりゃそうだ、英語はアルファベットの大文字小文字と数字といくらかの記号しかないもんね。日本語の文字の数はそりゃ比じゃないっすわ。

なので日本語書体っつっても大きくは明朝体かゴシック体、ポップ体その他ってとこです。

フライヤーとか作るに当たって書体を選ぶわけなんですが、さぁどうしましょう。

概ねの感触だけで言うと、

ゴシック体は力強いです、で、男っぽい、で、ゴツい。

明朝体は上品で女性っぽくてやさしい。

ポップ体は子供っぽくてかわいくてやわらかい。

ってなイメージでしょうか。

想像してみるだけなんですが、例えば高級レストランのフライヤーの場合、ポップ体をメインに使ったらどうでしょう。あまり高そうなイメージにはなりませんね。としたら明朝体なんかがいいんじゃないでしょうか。

あるいはフィットネスクラブの案内チラシを作る場合、明朝体、しかも標準の太さかそれ以下だったら…なんか弱々しく感じちゃうかもしれません。

いや、あえて奇をてらってみるのもアリかもしれませんが、チラシは一般的な何気ない方々を対象としてる場合、やっぱり多くの人が共通して感じてる認識ってやつを考慮したほうがいいと思うんですよ。

昔、旅行代理店のパンフを作ったときに思いっきりシンプルでかっこよさげな表紙にしたんですが…手に取られる人の数が増えませんでした。旅行パンフに見えなかったんだと思います、かっこよかったんだけどね。

話を戻すけど、同じような書体でも太さにバリエーションがあったりします。表題なんかは太い書体、見出し部分は少し太い書体、本文は普通の太さ、みたいな使い分けをすると読みやすくなります。

本文を明朝体にしたときに、注意書きは細めのゴシック体で統一したりするとカテゴリー分けが明確になりやすいですよね。で、一言コメント的な文章はポップ体で揃えるとか…。

読んでる方々が知らず知らずのうちに1枚の紙の中にある様々な情報を読み分けてもらえるようなら、理解しやすい、すなわち伝わりやすい紙面だと言えると思うのです。

 

Filed under: チラシ、フライヤー制作, フライヤー、チラシ, 仕事に関する考察, 作品例, 制作を頼むためにTagged with: , , , , , , , , , , , , , , , ,