タグ: 作成

フライヤー 例

ダンスイベントのチラシです。継続して行われていたコンテスト?バトル?的なイベントですが、トロフィーや賞状も作りましたね。
#フライヤーデザイン #チラシ #印刷 #広告 #グラフィックデザイン #デザイナーに注文 #まかせて安心 #ダンス #イベント #ヒップホップ #ダンサー #コンテスト

Filed under: フライヤー、チラシ, 作品例Tagged with: , , , , , ,

紙の種類もいろいろ

紙の種類のなかで厚さってものがありますね。
チラシ、フライヤーの紙の厚さ
で、厚さだけじゃなくって表面の加工とかも何種類かあります。
ざっくり大きくしか分けてないですが…
コート紙ってのがあって、これは表面がつるっとしてテカっとしてます。ま、いわゆる普通によくチラシやフライヤーにある紙なのできっとよくご覧になってます。なんか表面に塗ってあるんですが、特に上等なわけではなく一般的な感じですね。
ボールペンで何か書こうとしてもつるつるでインクがつきにくいですので、申込書みたいに文字を書き込まなくてはいけない印刷物には不向きかもしれませんね。マジックを使えばいいのかもしれないけど…それもねぇ。
んでコート紙よりもうちょっとテカテカ感を抑えたマットコートってものがあります。まぁマットってぐらいなんでツヤなしと言えばツヤなしですが、滑らかで白いのでまぁつるっとはしてますかね。ちょっとだけお上品な印象があるといえばあります。
上質紙ってのもあって、雰囲気は画用紙ですかね。これは表面加工がしてないのかしてあってもわかんないのかどうか知りませんが、とにかく画用紙やコピー紙っぽい雰囲気です。なので上から文字を書き込む場合やスタンプを押す印刷物などにはこれがいいと思いますよ。ポイントカードみたいなものだとオモテはコートでウラが上質紙みたいなものがありますのでそれを使うのがよいと思います。
上質紙の中には色上質紙ってのもあって、紙にもともと色がついてます。色画用紙みたいなものですね。ボクの場合はちょっとしたモノクロの冊子の表紙に使ってみたり、カラーにするまでもないイベントのチケットなどに使ったりしてます。これだとモノクロ印刷(黒のインクのみ)でもなんとなくキレイじゃないですか。
他に封筒なんかに使う茶色のクラフト紙なんかもあります。この紙でチラシや案内状なんかを作ったりもしますが、なんとなく雰囲気がアンティーク?な感じにしたりしてね。
あと耐水のユポ紙ってのも緊急避難用のカードを作るのに使いました。これは厳密には紙じゃなくて合成紙、ポリプロピレンだかなんかですね。ただ腰が強すぎて二つ折りにしてもビローンって元に戻っちゃいますけど。
他にも特殊な紙がいろいろあります。
和紙とかね、和紙でも分厚くてなんかいろいろ混じってる壁紙みたいなね、そういうので名刺を作ったりしましたが、ちょっと怖そうな人のイメージになっちゃいましたね。
あとワサワサッとしたちょっと黄ばんだ?紙とかもありますが、ナチュラル志向というか、暖かみがあるというか、まぁそんなイメージになりますよね。
ついでに言っておくと普通によくあるコート紙、マットコート紙くらいが安いです、つるっとしてるけど。
上質紙やクラフト紙とかつるつるしてないけどもうちょっと高くなります。
あと特殊な紙は結構値段が上がっていきますよ。
もちろんちょっと一風変わってかっこよいんですけどね、素材がよくなっていくのと、たぶん流通の頻度が少なくなるってこともあって、たまにびっくりするくらい高いですから。
ホントはまったく把握できないくらいいろいろな種類の紙がございます、似たようなモノもいっぱいあるけど。ちなみにボクは印刷屋さんではないので紙の見本をたくさん持っているわけではありませんが、ご要望に対してはなるべくわかる範囲でお調べ&対応いたしますよ。

Filed under: チラシ、フライヤー制作Tagged with: , , , , , , , , ,

不動産チラシ


不動産屋さんの物件案内のチラシです。新聞に折り込んだり配布するものではなく、個別に営業されるときにお客様に見せるもののようです。シンプルでモダンな建物が映えるように作ります。
#フライヤーデザイン #チラシ #広告 #グラフィックデザイン #印刷 #デザイナーに注文 #まかせて安心 #不動産 #営業活動 #販促品 #案内 #紹介 #シンプル #クール

Filed under: フライヤー、チラシ, 作品例Tagged with: , , , , , , , , , , , , , , , , ,

チラシ、フライヤーの紙の厚さ

チラシ、フライヤーの種類や使いみちによって紙の厚さを変えたりしますね。

そう、いろいろな紙の厚さがあります。
例えばコート90kgって紙があるとするとコートってのが紙の種類、90kgってのが厚さです。厚さなのにkgですね、変なの。
同じサイズの紙1000枚の重さなんだけど、厚けりゃ重い、軽けりゃ薄いってことです。なので同じコート紙でも135kgは厚いし、73kgは薄いです。

よく新聞折込に入ってるようなスーパーの薄い紙などは50とか60kg代ですかね。そりゃある程度サイズが大きくて新聞に挟むし分厚い紙じゃちょっとアレですよね。そりゃ厚い紙のほうが高級な感じはしますからね、でもなんでも厚けりゃいいわけでもないですよ。三つや四つに折って使う紙なら厚すぎるとキレイに折れなかったり、そもそも折った最終形が厚すぎたり、重たくなったりしますからね。

逆に厚い紙を使うときは小さいサイズのときなんかは有効です。ハガキサイズやA5サイズとかね。ハガキくらいの大きさで新聞折込くらいの紙の厚みだと、ハラハラっとどっかへ飛んでいっちゃいそうですもん。
クラブ系のイベントとか展示会の案内系とかだとサイズは小さめだけど厚めにしておくとちょっとかっこいいですね、わかんないけど。

そうそう、割りと世の中にあるフライヤーだと大きさはA4サイズ、厚みは90kgってのが多いですよ。
ちなみに厚さの種類ってそんなにはたくさんないような気がします。90kgの次は110kg、んで135kg、160kg、180kg、220kg…もっと厚いのもありますがダンボール紙みたいになってフライヤーっぽくなくなりますね。
薄いほうへ向かうと73kg、53kg、45kg…とかでしょうか。45kgまでいくと結構薄いですね。

種類ってたくさんありました?どうなんでしょ、そのへんの印刷屋さんにお願いするときは大筋でこんなもんですけどね。普通に配るようなチラシ制作に限定するなら73〜135kgまでくらいが多いと思います。名刺とかハガキの類になると薄くても180kg、220kgとかですかね、きっと。フライヤーではないけれどショップカードのようなものを作るならこの厚みくらいのものにしたほうがいいですよ。

ついでに言っておくと同じ厚さの紙にしてもサイズが大きいとなんか薄い気がしちゃいます、逆にサイズが小さいと厚い気がします。大きい方がよくたわむからなんですけどね、ま、厚いほうが料金は高いので必要以上に厚くすることはしないほうがいいと思いますよ。

Filed under: チラシ、フライヤー制作, 制作を頼むためにTagged with: , , , , , , , , , ,

イベント用のプログラムを作成

まぁいろいろなイベントがありまして。クラブイベントとかライブイベントとかに限らず、お祭り系、ダンス系発表会、お芝居系、スポーツ系、音楽発表会、様々です。
で、その中でも演目やキャスト、解説や紹介文などが入ったプログラムが必要になるイベントもたくさんありますよね。
ajito55でよく受けるのは発表会のようなものが多いです。そりゃ前述したようないろいろなイベントに関わってきましたが、まぁわかりやすいところでね。
内容量や規模で全然違いますが、ちょっとした発表会の感じで言うと、二つ折りにした紙に、演目と出演者を記したものですね。まず表紙があって、開くと代表者のご挨拶、そこから順番に演目を並べて出演者を併記する感じです。裏の方に行くとスタッフ紹介や広告が載ってたりします。
ちょっと厚めの紙でサイズはA4やB5版を半分に折って4ページの体裁にします。
表紙は告知用に作ったチラシと似たような雰囲気にしてイベントの一貫性を保ちより印象づけるようにするとよいですね。
言っても上記の場合は、かなりシンプルなものになりますので例えばストーリーや解説、出演者の顔写真が何枚も並ぶ場合は紙面がぜんぜん足りませんね。そういうときはページを増やして8ページにするとよいです。冊子になりますが写真を増やせば見る方もやる方も思い出として持っていやすくなります。制作代も上がりますが紙面が広くなった分、広告を入れてお金を集めちゃいましょう(笑)。
他にも6ページになるように横長の紙を三つ折りにするってのもありますね。以前お客様に聞いたことなのですが女性客が多い場合はハンドバッグに入れやすいように紙面のサイズは小さめにしてるということもあります。立派なプログラムでも持って帰るのが面倒だとアレですもんね。
またもっとずっと大きなイベントだと映画のパンフレットのように20ページくらいの冊子にして販売することもあります。制作代金もそれなりにデカいのですが、イベントの重要性やレベルによってはそれぐらいしなきゃ、ってのがあります。
イベントのヒストリーや出演者ごとの挨拶、オフショット写真や詳しい解説など、お芝居、バレエ、クラシック音楽などではよくそうしますが、受け取った方もそれなりに読みがいがあるプログラムになってます。
どんなサイズでどれくらいの内容で、印刷物の仕様をどうしようかなどは、制作の前に一緒に考えたりしてるので一度聞いてみてくださいね。

Filed under: 制作を頼むためにTagged with: , , , , , , , , , , , , , , ,