タグ: 仕事

マジで会社やめちゃうの?

自分でお店を出したい、なんて方のお手伝いをしています、もちろん名刺や看板、メニューとかポップとかの制作なんですけどね。

んで、いろいろお話しを伺いながらどんなデザインでどういう広告にしよっかなーと一緒に考えます。で、思うこと。

なんで会社やめて独立するの?ってことなんですが…

仕事がつまらない、給料が安い、休みが少ない、上司がバカ、社長がケチ、自分で商売すれば丸儲けできる…などなど。

っていう人は全員独立なんてやめちまえ。

規模に依るのかどうかは知らないけど、仕事が楽しくなければ自分一人では商売できませんよ。24時間休みなしで業務をこなしてても気にならないくらいじゃないとつまんないですよ。

会社の中じゃいろいろ制約があったけど自分のやりたい仕事の仕方ならもっとお客さんを喜ばせられるんじゃないか、とかね、それが一番大事な気がします。

誰にどんなサービスをどれくらい提供できるのか、どんな方法ならそのサービスを自分のストレスのないやりかたで遂行できるのか、その辺が明確じゃないと何をどうしていいのかわかんなくなりますよ。

もちろんやってみなけりゃわからないことなのですが、わからないから考えなくてもいいわけじゃありません。自分のお店がどこへ向かいたいのか、は現状ただの理想や妄想かもしれなくてもまず持つべきでしょうね。

つまり…今の会社員暮らしは仕事もできてるし上々ではあるけれど、それだけでは働き足らないくらいの気持の人が独立すべきでしょう。

看板一つ作るにも、ご本人から

「どうしましょう? わからないんで何でもいいから売れそうなヤツを作ってください」

とか言われるとどうしていいかこっちがわからないですよね。となるとお客さんも何がその店に訪れるメリットなのかがわかりません。

こういうことをこうしたい、っていう話なら、それならこういうふうにしたらどうでしょう、ってな建設的な打ち合わせができるようになるんでね、うん。

ま、デザインとは話がずれてるようにも思えますが、ずれてないですから。

以上はあくまで私個人的な感想なので異論があっても、へぇそうかな、知らんけど…程度の対応でお願いします(笑)。

なんでこんな写真やねん!?とか、まぁ気にせずに…

Filed under: いろいろな生活, 仕事に関する考察Tagged with: , , , , , , , , , , , , ,

フライヤーデザイン〜色

チラシを作成するにあたって、ベースの色は何色がいいんでしょう?

ま、好きな色で作ってもらえばいいんですけどね。

ただ色によって印象やイメージが違うのは確かなので、いくらかはその一般的な感覚も押さえたほうがいいような気がします。

そもそもフライヤーって、別に見たくない方々に興味を持ってもらうためのものなのである程度のわかりやすさが必要です。そうなると色使いにしても多くの人がイメージしてるものと大きく違わないことも大事になりそうですね。

例えばお寿司屋さんのチラシが緑だったらなんか変だし、イタリアレストランが白黒だったらピンと来てもらえないかも。イタリアレストランだったらひとまずはオレンジやグリーンがメインカラーのイメージじゃないでしょうか。

また高級感のあるチラシを作るときにピンクや黄色とかじゃ雰囲気出ないですし、ファミリー向けのチラシで真っ黒に赤みたいでは怖そうだし。

もちろん色がすべてではないけれど、自分がフライヤーで紹介したいことを表現するために、まずは多くの初見の一般人の皆さんがどのように捉えてくれるか、ってことを想像してみるとよいですね。

黒…高級、本格的、マニアック、強そう、夜

赤…激しい、熱い、情熱、力強い

青…さわやか、落ち着いた、夏、昼間

黄…かわいい、チープ、子供っぽい、やさしい

みたいなね、わかんないけど、そういう色のイメージと商品や対象者との関係を気にするだけでちょっと宣伝効果が上がるんじゃないのかなーと。

Filed under: いろいろな生活, チラシ、フライヤー制作, フライヤー、チラシ, 仕事に関する考察, 作品例Tagged with: , , , , , , , , ,

ところで打ち合わせって必要?

打ち合わせ

インターネットでajito55を見つけて仕事の依頼をしてくれる方は大抵東京や大阪や、いやもっと全然遠かったりという場合が多いですね。
地元の印刷会社や広告代理店との仕事が多かったときはやっぱり打ち合わせは当然面談してましたね。相手の会社へ出向くことがほとんどでしたが、まぁアナログなイメージですわ。で、面談までしたら間違いないのかというとそういうことは全然なく、やっぱり思い違い勘違いっつーのはありましたね。
現在は物理的に会えないので仕方ない部分はありますが、ほとんどメールでのやりとりで進められますね。たまに急ぎのときやどうぢてもニュアンスを言葉にできないときは電話も使います。
そういやぁFAXも減りましたね、ゼロじゃないけど。
なのでお客様と直接会うことってホント少なくなりました。まぁ時間も取られなくて移動もないので助かるといえば助かりますが、ちょっぴりさみしい気もします。
あ、でも基本的にメールで済むならメールがいいですけどね。
そんなことを言っておきながら今日は古くからおつきあいのあるお客様のところへ打ち合わせに行ってきましたよ。なんてゆーんですかね、女の園みたいなね。原稿を受け渡しいただきながら、方針を決めながら、なんとなくおしゃべりしてきてね、ええ楽しいですよ。
言っても数ヶ月に1回くらいの頻度で普段はやっぱりメールとかラインとか電話ですけどね。
こんな感じでホントは遠方のお客様にも年に1回くらいは会いに行きたいですね。
稀に東京方面へ泊りがけで、お客様面談ツアーしてるんですけどね。まぁ都合も合わずに会えないこともあるけど、それでも1回の上京で5,6組のお客様には会いますよ。
やっぱ顔が見えるおしゃべりはいいですね。
そうそう、話は戻りますがメールやラインの打ち合わせで大丈夫ですか?ってたまに聞かれます。はい、大丈夫ですよ。ただしこちらの聞かなければならない内容をちゃんと伝えてくれて、ご自身のご希望を教えてくださいね。ええ?と思うかもしれないけど、実際自分がどういうものを作りたいか把握してない人がいらっしゃいますからね。しかもこちらの具体的な質問にも答えてくれなかったりして。霊能者じゃないんで言葉でもビジュアルでもなんでもいいので形にして伝えてくれないとわかんないことは多いですね。
ま、方針が決まっていかないと面談してようがメールしてようが関係なく満足できるものは作れないですよね。なるべくこちらからも答えやすいように質問していくのでうまく乗ってきてください。
こんな原稿をこんな感じで送ってね、ってなるべくわかるようにお伝えするので大丈夫です。
あ、でも…「めんどくさいんでメール見ないんです」とかは勘弁です、普段は勝手にしてくれていいけどボクと仕事のやりとりしてる期間はメールチェックしてくださいね。
打ち合わせ

Filed under: その他もろもろTagged with: , , , , , , , , ,

とてもよく働く…はいいのか?

ここんとこ毎週末の2日間とか3日間とか、妻が出張で出かけて家におりませんね。
んで息子も大学生なのでなんだかんだと出かけておるわけで。
そんなことで土日は大抵ひとりぼっちです。
ひとりぼっちのボクは別に淋しいわけでもないのでなんとなく家におります。
が、これがまたおしゃべりする相手もいないし、やりたいこともないので仕事をしてしまうんですね。
1日中フルで作業してます。
どっちかっていえば仕事するのは好きなんですが、やり始めるとやり続けてしまいます。
お昼御飯とかいらないもんね。
まぁ洗濯物とか夕食の買い物とか炊事は夕方に行うんですが、それ以外はパソコンの前か机の上で書類書いたりね。
でもこういうのっていいんでしょうか。
そりゃ世間的には働き者みたいにも見えるし、仕事がたくさんあっていいじゃんとかいう話になるんですが、
なんだか仕事をしつづけるのって無能っぽい気がしちゃうんですよ。
たぶん自分なりに得意なことを仕事にしてるんでしょうけど、自分のやれることばかりをやり続けるのっていいんですかね?
でもって長時間仕事に費やすのっていいんですかね?
やれることをやるのは簡単でしょ
ホントはやれないことをやってみるほうが幅が広がるでしょ
でもっていかに短時間で効率よく仕事をこなしていくほうが有能でしょ
ぜんぜん働いてないくらいなのに同じように稼げる方が賢くて有能な気がするのに
何時間も何時間もコツコツ作業してるのはなんだか自分としてはさえないなぁと思いますよ。
やったことないことをビビリながらやってみるほうが(それが何なのかはわかんないけど)勉強になると思うんだけど…
ここまで仕事も生活も普通に行ってると何がいいんだか悪いだかわからなくなりますね。
だから妻や息子がいて、一緒に何かしたいがためにさっさと仕事を切り上げて新しいことをやってみるような生活が楽しいですわ。
とか、なんとか…
それでもお待たせしちゃってるお客様がおられましたらごめんちゃい。

まぁ稼ぐために働いてますけど生きるために金儲けしてるわけでもないっていうスタンスなんで。
そもそも人生自体に対して目的意識も意味合いも持ってないんすけどね。
そのへんは考え出すとややこしいんでまぁいいや。
とにかく6/17からは5週連続で週末のライブがあるんでね…
明日からはあんまり土日は仕事できないですよ、えへへ、それが言いたかっただけです、すんません。



Filed under: 仕事に関する考察Tagged with: