タグ: まかせて安心

CDジャケットデザイン

CDジャケットデザイン印刷制作作成

どんなミュージシャンでもオリジナルの楽曲ならば、聴いてくれる人にその曲を覚えてもらいたいし、いつでも聴いていてほしいし、できるならばライブの場で一緒に歌ってもらいたいなーとか妄想しますよね。

そのために必要なことは足繁くライブ会場に通ってもらうか、自宅やマイカーで聴いてもらうしかありません。ということは何かしら音源を手に入れてもらわないといけないですよね。黙っててもCMやドラマなどで繰り返し聴いてもらえるようなことは一部のアーティストに限られますからね。
っつーことでCDをリリースすることになります。今どきはダウンロード販売やYouTubeとかもありますが、それはそれ、これはこれです(笑)。

以下はボク個人的な思い込みも多く含みますがいろいろなパターンの一例と思って参考になればそれもまたよし、って感じで進めていきますのでご容赦ください。

まずはそのへんにゴロゴロいるアマチュアバンドの場合、活動を始めたばっかりでこれから固定客をつかもうってパターンだと…まずは名前と代表曲を覚えてもらいたいってことでデモCDをバラ撒いたり格安で売ったりします。その場合必要な枚数は100枚くらいで考えればいいんじゃないでしょうか。でもってメディアはCDRで自力でコピーするみたいなね。

5mmの薄型プラケースにペラ一枚のCDジャケットにして、アーティスト名、曲名、歌詞、URL、メアド、SNSのアカウントなどを載せておいて気になった人はwebをチェックもしくはYouTubeへ誘導する感じですね。

ただCDジャケットのオモテ面がすべてマジックで手書きのコピー用紙だと…ナメられる可能性は否めません。まぁ素人のかけだしががんばっちゃってんのね、みたいな雰囲気で家に持って帰ってもらってもその辺にそのまま置きっぱなしにされちゃうこともあります。
うーん、やっぱりね、ある程度は見てくれは重要な気がします。CDジャケットだけはやはりバンドの顔なのである程度カッコつけたいですね。アーティスト写真もカメラマンにお金払って撮ってもらわなくてもある程度解像度高めのクリアな写真なら修正や合成、背景をしっかり作ればいい感じに仕上がりますよ。

バンドロゴなんかも手書きで書いたものでもパソコンでしっかりトレースして、さらに直線や曲線もキレイに書き直せばバッチリなロゴだったりマークだったりになりますからね。
裏に歌詞を載せるだけでも、これが慣れた人がつく作ると読みやすい、見やすい、わかりやすい、ってことになります。具体的にどこをどうすりゃいいのかって一概には言えませんが、そういうセオリー的なものを知ってるかどうかで仕上がりは変わります。

まぁお金かけてプロに頼むほどのバンドじゃないんで、オレらは、ってバンドは無理ですけどね。少しでもカッコよく見せたい、他のバンドよりよくしたい、けれど最初から高額な予算はありえない、っていう方々には少しでもお役に立てる提案をいたしますよ。

CDジャケットデザイン印刷制作作成

Filed under: CDジャケット制作, 制作を頼むためにTagged with: , , , , , , , , ,

CDを作るってどういうこと?

自主制作のCDを作るアーティストってたくさんいますよね。
もちろんメジャー契約しててレコード会社や所属事務所が進めちゃうって人もいますが、そういう人はあんまりコレ読んでないと思うし。
そう、んで自力でCDを作りたいって人ね、どうしましょう。

音源自体はレコーディングスタジオやDTWなどで録音しちゃいますね。
いろいろなソフトがあるのである程度の設備があれば誰でも何となくは作れるはずです。
もちろんエンジニアを雇って作る人もいるし、インディーズとはいえ事務所が絡んでる場合はそれなりにしっかりした音源を作ってます。

で、できた音源はやっぱりキレイにCDジャケットを作ってパックして売らなければいけないです。
CDRにコピーしてハダカで手渡ししても何となく売れそうな気がしないからです。
じゃどういう形で作ればいいんでしょうかね。

とりあへず最初に計画を立てなければいけないのは、どれくらいの規模で販売するかですね。
ライブ毎にコツコツ手渡しで販売するにしても、バンドの活動の程度によって500枚必要なのか50枚でいいのか、何枚をどれくらいの期間で売るつもりなのか、で最初に作る枚数が変わってきますもんね。
月に2回のライブで1回につき10枚売れるつもりなら1年で240枚必要です。2年かけて売るつもりなら480枚ですね、ま、2年目は同じペースじゃ売れないけど。
だけど1年後には新しいCDをまた作るつもりなら在庫が増えちゃいすぎるかも、なのでもうちょっと少なく見積もったほうがいいときもありますね。
ま、これはそのへんのアマチュアバンドに多そうなパターンですけどね。

これがアイドルちゃんだったりするとCDシングルになったりして1,2曲収録、しかも1人のお客さんが写メ欲しさに何枚も買われるのでまた違った必要枚数の計算が要ります。でもってリリースのペースも早かったりすることもありますね。
ちなみにアイドルちゃん本人がお金出してCD作るってよりも所属事務所が作るので、どれくらい予算を突っ込むのかはわかりませんが。
経験上では500枚くらいをプレスすることが多いかな。あ、んでもタワレコとかHMVとかの流通に流すときなんかは2000枚とか作りますね。

インディーズのバンドでも全国流通で販売するときは少なくても1000枚ぐらい作りますね、んで大体1〜2年毎にフルアルバム作ってますよね。すごいなー、ウチのバンドじゃありえんわ…。しかもちゃんとレコ発ツアーで全国回らないとなかなか売れないのでかなり活発にライブしてますよね、みんな。まぁそれほどでもないバンドも頑張って1000枚プレスとかしてるけど家の中が狭くなったって困ってる人もいるんで作りすぎ注意です。

とりあへず新曲2曲くらいを名刺代わりにCDにして販売したり無料配布しようっていうバンドもいらっしゃいますが、そういう場合は100枚、200枚を一気にばらまいて終わりですね。そういうときなんかはCDプレスではもったいないときもあるのでCDRにコピーっていうこともできます。CDRではあるけれどちゃんとジャケ作ってプラケースに入れてキャラメル包装までしちゃえばしっかり売れますしね。

CDジャケットのデザインや制作まできっちり請け負うことはもちろん可能ですが、まずはどんな規模でCDを作るのかをしっかり決めてからいろいろなパターンの相場を探るほうがいいですね。
枚数や仕様、ページ数やメディア、ケースなど組み合わせは自由ですが値段も様々過ぎて…相場感を得るにもそれらがある程度定まってないとわけわかんないですから。

Filed under: CDジャケット, CDジャケット制作, 作品例, 制作を頼むためにTagged with: , , , , , , , , , , , , , ,