販売用のCDは何枚にするか

CDジャケット作成,作り方,予算,相場

そこそこ音楽活動もしてるし、ぼちぼち固定客(友人が多いかも知れないけど)もついたし、物販コーナーも充実させたいし…となってきてからのCD作成はもうちょっと枚数が必要ですね。どうなんでしょう?やっぱ数百枚は作るんでしょうか。

とりあへず自作で手書きはもうちょっとアレだよね、ってなってくるので、やっぱちゃんとしたCDを作りたいですね。
その場合、CDプレスをしちゃうってのが一番クォリティが高いですね。まぁ普通に売ってるものと遜色はありません。演奏等はわかりませんが。
しかしながらそうなってくるとプレスの枚数も500枚や1000枚じゃないと対応してもらえませんね。しかも500枚作るのも1000枚作るのも値段的には変わらなかったりします、ただ家の中の在庫が占める割合は倍になるのでご家庭をお持ちの方は家人に文句を言われることもちょくちょくあります(笑)。

実際のところCDプレスとなると200枚でも300枚でも500枚でもほとんど変わらない金額になりますね。だったらもう1000枚作っちゃおうぜってなるのが人情です。まぁそのあたりは人それぞれですのでお好きにされればいいですが、ボクの場合だと在庫がたくさんあるうちに次のアルバムを作りたくなってしまうのでできるだけ限られた部数で在庫を持たないようにしてます、家人もうるさいですし(泣)。

CDプレスを利用する場合、音源データ自体はレコーディングスタジオでマスタリングを終えたものを用意すれば大丈夫ですね。waveだったりDDCPだったりしますが、そのままプレス会社に送るだけです。

が、しかしCDジャケットの印刷用のデータも一緒に送らなければなりません。あとバックインレイ、帯、盤面ですね。
このあたりになると素人のなんちゃってデータでは受け付けてもらえないので誰かしらに頼むかしてしっかりした印刷データが必要になります。
アドビのイラストレーターやフォトショップを駆使しなくてはいけないし、トンボやCMYKや塗り足しを気にしなくてはいけないし、画像のリンクや埋め込みを考えなければいけないし、まぁいろいろです。

いや、そもそも手書きみたいなのは素人臭いデザインってのがもうちょっとイヤだなってのもあります。
まぁまぁよく聞く話なのですが、知り合いのデザインが得意な人にタダで作ってもらうってこともありますよね。もちろんそれならそれでうまうできれば問題ないのですが…絵を描くのが得意なだけで印刷用のデータは作れない、とか写真撮影はプロだけど文字とのバランスやレイアウトはもう一つ、とか何回も注文つけるとだんだん怒ってきて作業をしてくれなくなった、とか…ありますよね。せっかくの友人関係をタダで利用しようとしたばっかりに壊してしまうなんてもったいない気がします。完全データが作れてなくてプレス会社から何度も注意されたりデータを差し戻されたりしても対処法がわからずイライラされちゃったりもしますしね。

CDプレスとなると金額も10万近くになることも多いので、まぁ今回はこれでいいや、って言うには結構痛手になりますよ。
なのでたくさんの枚数を作るときは後々の作業や在庫のことまで考えてゆっくりじっくり考えてからゴーすることをオススメします。
また話はちょっと違いますが、100枚、200枚の場合にCDRコピーってのもありますが、このCDRコピーと盤面印刷を業者に出すってことも可能です。ajito55ではこれにCDジャケット作成もして、最終的にキャラメル包装までして納品することもあるのでライブハウス会場などで一人前の金額で販売することも問題ないクォリティになります。CDプレスをするよりは小ロットで、予算も抑えられるかも、です。

自分のバンドはすっかりこのパターンにして100枚ずつ作って売ってます、おかげで在庫も少なくなって嫁も喜んでいます。

CDジャケット作成,作り方,予算,相場
CDジャケット作成,作り方,予算,相場
Filed under: CDジャケット制作, 制作を頼むためにTagged with: , , , , , , , ,