CDジャケットデザイン

CDジャケットデザイン印刷制作作成

どんなミュージシャンでもオリジナルの楽曲ならば、聴いてくれる人にその曲を覚えてもらいたいし、いつでも聴いていてほしいし、できるならばライブの場で一緒に歌ってもらいたいなーとか妄想しますよね。

そのために必要なことは足繁くライブ会場に通ってもらうか、自宅やマイカーで聴いてもらうしかありません。ということは何かしら音源を手に入れてもらわないといけないですよね。黙っててもCMやドラマなどで繰り返し聴いてもらえるようなことは一部のアーティストに限られますからね。
っつーことでCDをリリースすることになります。今どきはダウンロード販売やYouTubeとかもありますが、それはそれ、これはこれです(笑)。

以下はボク個人的な思い込みも多く含みますがいろいろなパターンの一例と思って参考になればそれもまたよし、って感じで進めていきますのでご容赦ください。

まずはそのへんにゴロゴロいるアマチュアバンドの場合、活動を始めたばっかりでこれから固定客をつかもうってパターンだと…まずは名前と代表曲を覚えてもらいたいってことでデモCDをバラ撒いたり格安で売ったりします。その場合必要な枚数は100枚くらいで考えればいいんじゃないでしょうか。でもってメディアはCDRで自力でコピーするみたいなね。

5mmの薄型プラケースにペラ一枚のCDジャケットにして、アーティスト名、曲名、歌詞、URL、メアド、SNSのアカウントなどを載せておいて気になった人はwebをチェックもしくはYouTubeへ誘導する感じですね。

ただCDジャケットのオモテ面がすべてマジックで手書きのコピー用紙だと…ナメられる可能性は否めません。まぁ素人のかけだしががんばっちゃってんのね、みたいな雰囲気で家に持って帰ってもらってもその辺にそのまま置きっぱなしにされちゃうこともあります。
うーん、やっぱりね、ある程度は見てくれは重要な気がします。CDジャケットだけはやはりバンドの顔なのである程度カッコつけたいですね。アーティスト写真もカメラマンにお金払って撮ってもらわなくてもある程度解像度高めのクリアな写真なら修正や合成、背景をしっかり作ればいい感じに仕上がりますよ。

バンドロゴなんかも手書きで書いたものでもパソコンでしっかりトレースして、さらに直線や曲線もキレイに書き直せばバッチリなロゴだったりマークだったりになりますからね。
裏に歌詞を載せるだけでも、これが慣れた人がつく作ると読みやすい、見やすい、わかりやすい、ってことになります。具体的にどこをどうすりゃいいのかって一概には言えませんが、そういうセオリー的なものを知ってるかどうかで仕上がりは変わります。

まぁお金かけてプロに頼むほどのバンドじゃないんで、オレらは、ってバンドは無理ですけどね。少しでもカッコよく見せたい、他のバンドよりよくしたい、けれど最初から高額な予算はありえない、っていう方々には少しでもお役に立てる提案をいたしますよ。

CDジャケットデザイン印刷制作作成

Filed under: CDジャケット制作, 制作を頼むためにTagged with: , , , , , , , , ,