「その他もろもろ」カテゴリーアーカイブ

お店をオープンするために必要なアイテム制作を相談したい。

お店をオープンする場合、一度にいろいろなものを作らなければいけないですよね。

  • 名刺
  • 案内ハガキ
  • チラシ
  • メニュー
  • ロゴマーク
  • 看板
  • スタッフTシャツ

数えだしたらキリがないぐらいです。改装してくれる業者さんに聞いても「データを支給してほしい」と言われる始末で、そのデータがないんですよ、ということも多々あります。もうお店の準備が大変なのに宣伝にまで考えを巡らせる時間がないとお嘆きかもしれませんが、そんなときはできることはできる人にお願いする、ってのが一番です。

もちろん基本的なコンセプトの部分はしっかりとご希望を伝えていただいて、足りないところ、アレンジすべきところはデザインの段階でしっかり考えてご提案いたしますのでなるべく負担を減らすようにしながらも一緒によりよいものを作り上げましょう。最初の段階では名刺もチラシもたくさんは必要ないかもしれません、その場合は小ロットにも対応致します。またwebサイトを合わせて制作したり、独自サイトではなくてもブログ、Facebookページなど無料アイテムを使ってオリジナルパーツを制作したり、少しでも宣伝告知につながるようなアクションをしていきたいものです。

  • コンセプトを決める〜高級?カジュアル?企業カラーなど
  • 必要なアイテムの優先順位〜ロゴデザイン、名刺、地図
  • 開店予定からの逆算から発注時期を決める
  • 紙のアイテム、ネットのアイテムの役割分担
  • SNSでの拡散準備
  • 新聞折込予定

展示会に出展するための 会社案内、 商品案内、 パネルを作る

この仕事をやりはじめて初めて知った業界、商品がたくさんありますね。もうホントにネジ1本、プラスチック成形ひとつ、定規1本…普段気にもしてなかったけど、あらゆる工業製品が実際は満ちあふれていますね。私たちみたいな一般ユーザーはあまり対象ではないかもしれませんが、それぞれ業界内では展示会や発表会など様々な企業向けにアピールする機会がありますね。そんなときに用意しなければいけないのが

  • 会社案内
  • 商品パンフレット
  • 展示パネル
  • 紹介ムービー

などといったものです。

普段広告制作になじみのない営業部門の方も、手慣れた営業部門の方もいろいろ尽力をされていますね。こんなときはどうするの?こんなことは可能なの?で、いったい相場はいくらくらい?という疑問も次々と出てくるのではと思います。また社内では当然のことだけれど社外の人にはよくわからない説明文を作ってしまわないようにも注意しなければいけません。パンフレット等制作に至るまでの疑問や不明点を一緒に考えていければよいと思っています。

  • よく見るアレはどこに注文するの
  • 制作代金の相場が知りたい
  • 納期が短い
  • 一般の方にわかりやすい内容にしたい
  • 細かく相談したい

オリジナルTシャツ作成

こう暑くなってくると半袖Tシャツが欲しくなりますね。

ユニクロもいいもの売ってますが、オリジナルも作りたいですよね。ここでは個人で1枚作ってみるってのではなくて、団体やグループ、企業はバンド、スクールで作る場合を想定してます。

ajito55でTシャツを作る場合に多いのはシルク印刷です。名称はどうでもいいのですが印刷方法としては、いわゆるハンコにインク付けて押す感じですね。まぁ版画とかも似たノリです。

ということはプリンターで印刷するように色とりどりではないですね。単色で刷るか複数の色で刷るかは選べるけど色のインクが増えるとハンコも増えます。

印鑑のイメージしてもらえばいいのですが、黒なら黒、赤なら赤って感じになるので、例えば黒から徐々に赤にグラデーションで…とはなりません。でもハンコを増やせば、まず輪郭を黒で刷っておいて、あとから赤用のハンコで赤い部分を刷るってことはできますよ。

なので自分でTシャツプリントをイメージするときは、イモ版で年賀状作るときの雰囲気で絵柄や色付けを考えるといいですよ。

シール、ステッカー作り

子供の頃、雑誌の付録なんかでシールがついてくると机や筆箱にペタペタ貼ってましたね。んで中学も越えてくるとレコード予約特典などでもらえるアーティストのステッカーをカバンやギターにペタペタ貼ったりしてました。

なんつーか、ステッカーは憧れですよね。

今は自分のバンドロゴをステッカーにしてエフェクターケースやギターに貼ってます。しかも物販では販売までしてますからね、てへ。

そういうことは誰でも思うことで、全国のバンドマンからオリジナルステッカー制作の依頼がやってきます。

バンドマンだけではないですよ、バイクチームやダンスチーム、サークルなどなど…みんなステッカーを作りたいんですね。

とか言ってみたもののご依頼の中には企業やお店も結構あるんですよ。商品袋に貼るものや、包装袋を留めるためのもの、商品そのもののラベル、工務店のヘルメットに貼る企業ロゴシール、パイロンに貼る会社名、自動車に貼る大きなもの…いろいろなものを手がけてます。

使い途によってステッカーの素材を変えたりします。防水の塩化ビニール製だったり、訂正シールなら白の上質紙、透明フィルムだったり、ボコッと浮き出るエンボス加工をしたり。

また形も四角や円形ばかりじゃなくって、星や雲、ハートとかもできますよ。

なんにしても出来上がったシールを貼るのはなんとなく楽しいですよね。

いつか何かの機会があったらオリジナルステッカーを作ってみてください。何枚からでも大丈夫です、1枚だけでもオッケー(もちろん単価は高いけど)なので相談してみてください。

ところで打ち合わせって必要?

インターネットでajito55を見つけて仕事の依頼をしてくれる方は大抵東京や大阪や、いやもっと全然遠かったりという場合が多いですね。
地元の印刷会社や広告代理店との仕事が多かったときはやっぱり打ち合わせは当然面談してましたね。相手の会社へ出向くことがほとんどでしたが、まぁアナログなイメージですわ。で、面談までしたら間違いないのかというとそういうことは全然なく、やっぱり思い違い勘違いっつーのはありましたね。
現在は物理的に会えないので仕方ない部分はありますが、ほとんどメールでのやりとりで進められますね。たまに急ぎのときやどうぢてもニュアンスを言葉にできないときは電話も使います。
そういやぁFAXも減りましたね、ゼロじゃないけど。
なのでお客様と直接会うことってホント少なくなりました。まぁ時間も取られなくて移動もないので助かるといえば助かりますが、ちょっぴりさみしい気もします。
あ、でも基本的にメールで済むならメールがいいですけどね。
そんなことを言っておきながら今日は古くからおつきあいのあるお客様のところへ打ち合わせに行ってきましたよ。なんてゆーんですかね、女の園みたいなね。原稿を受け渡しいただきながら、方針を決めながら、なんとなくおしゃべりしてきてね、ええ楽しいですよ。
言っても数ヶ月に1回くらいの頻度で普段はやっぱりメールとかラインとか電話ですけどね。
こんな感じでホントは遠方のお客様にも年に1回くらいは会いに行きたいですね。
稀に東京方面へ泊りがけで、お客様面談ツアーしてるんですけどね。まぁ都合も合わずに会えないこともあるけど、それでも1回の上京で5,6組のお客様には会いますよ。
やっぱ顔が見えるおしゃべりはいいですね。
そうそう、話は戻りますがメールやラインの打ち合わせで大丈夫ですか?ってたまに聞かれます。はい、大丈夫ですよ。ただしこちらの聞かなければならない内容をちゃんと伝えてくれて、ご自身のご希望を教えてくださいね。ええ?と思うかもしれないけど、実際自分がどういうものを作りたいか把握してない人がいらっしゃいますからね。しかもこちらの具体的な質問にも答えてくれなかったりして。霊能者じゃないんで言葉でもビジュアルでもなんでもいいので形にして伝えてくれないとわかんないことは多いですね。
ま、方針が決まっていかないと面談してようがメールしてようが関係なく満足できるものは作れないですよね。なるべくこちらからも答えやすいように質問していくのでうまく乗ってきてください。
こんな原稿をこんな感じで送ってね、ってなるべくわかるようにお伝えするので大丈夫です。
あ、でも…「めんどくさいんでメール見ないんです」とかは勘弁です、普段は勝手にしてくれていいけどボクと仕事のやりとりしてる期間はメールチェックしてくださいね。
打ち合わせ