カテゴリー: 仕事に関係ない話

正と負

仕事することを、我が人生の負、としてる人がいっぱいいる。逆に仕事せずにいる時間を、我が人生の正、としてるわけだ。

まぁ簡単に正と負、陰と陽、つまらんと楽しい、みたいに分けられてむしろうらやましいかぎりだ。

仕事してないときは何かしら世のためになることをしてるのかしらん。仕事してるときのほうが何かしら社会貢献できてるわけじゃないのかしらん。

そんな大それた話じゃないにしても、そんなに負の時間である仕事をしてて生きてる意味があるのかしらん。

仕事を楽しめ、みたいなクサイことを言う気はないけど、別に働くことは負ではないよね。

働くことはイヤじゃないけど会社がイヤだ、ってたぶん思うんだろうね。じゃ会社はやめればいい。そのイヤな会社でやってる業務を自分一人で自宅でやればいいんじゃないの?

たぶん会社ではいろいろな作業が分担されてるだろうから、それはまとめて一人でやらなきゃいけないけどね。

まず営業してお客様を集めて、商品を作るか売るかして売上を作って、金銭の管理をして、また次の商売に繋げていって。

会社組織が複数人でやってることを一人でやればいいだけ。それで会社勤めのストレスはきれいになくなるなら楽なもんだね。

そんなこと言われても営業ができない、実作業ができない、とか言ってそう…。でも会社にいて給料もらって働くってじょとは、そういう自分ができない、したくない業務を社内の他の誰かにやらせてるってことだよね。

逆に自分はあれもこれも全部やってるのに認めてもらえず給料も上がらずストレスなんだ、って人もいるから、そういう人はとっとと自分でやったほうがいいよ、会社のネームバリューは消えるけどね。でも全部できるんでしょ、関係ないよ。

たぶん自分ですべての仕事をして利益を出せれば、我が人生の負の部分が仕事であるとは思わなくなるかも。仕事をすることが何かに貢献することになるかもしれないし、生き甲斐みたいになるかもしれないし、趣味んだか遊びなんだか仕事なんだかわからなくなるかもしれないし。

そうなったら、負とか正とか単純に分けられないかも。それがいいことかどうかは知らんけど。

ただ…会社へ働きに出るのも今となってはちょっと面白そう、ま、誰も雇ってくれんけどね。

とりあへず仕事したくなくなったら、もう死んじゃえばいいkなって自分のことはそう思うね。

Filed under: 仕事に関係ない話

言い訳三昧

これ言ってる本人は言い訳と思ってないことが多い気がします。

★親がこういう育て方をしたから

ま、そりゃ三つ子の魂百までとは言うものの、30歳も40歳も超えたらいい加減親の呪縛から脱出しててほしいね。わかるよ、わかるんだけど、それでもやっぱり今の自分の置かれた状況において、自分なりの価値基準でしっかり考察してほしいよね。

★サラリーマンだからできないとか

その今の自分の立場は自分で選択したものだしさ、サラリーマンでも何でもいいんだけど、その環境だからできないって言い張るのもねぇ。わかるよ、わかるんだけど、それでもやっぱりサラリーマンなのにやろうとしてるんだな、っつー姿勢じゃないとつまんないよね。

★自分はこういう性格なんで

知らんがな。雑な性格だったら片付けしなくていいわけでもないし、細かい性格だからってネチネチしてもいいわけじゃない。よりよい対処をしなけりゃならないときは、性格どうこうの前に、よりよい行動を取るようにしたほうがいいでしょ。

★血液型が○型なので

無視ですね、完全なる思考停止。自分を改善させなくてもよいと思いたいだけの免罪符。○型だから仕方ない、とか呆れてものも言えん。

★時間がない

時間の使い方、やりくりの仕方がわからんってことをアピールしてるようなものです。最終的には寝なければ何とかなることも多いです、一晩二晩とかじゃなく、数日間寝たような寝てないような、くらいのレベルで。

★めんどくさい

結局そういうことです。思考することができないのよ、いや思考することが何なのかも意識したことがないような程度です。

上記の言い訳はすべて共通して、思考停止の状態ですね。もちろん思考停止してるので、それがただの言い訳であることにすら気づいてないですね。

 

まぁせめてボクはそうならないように、気をつけよっと。

Filed under: 仕事に関係ない話

Don’t think, feel

考えるな、感じろ

ってよく言う人がいるよね、さも正しいように、さもいい事でも言ってるように。

そう、考えちゃダメさ、考えるのはムダさ、考えなくてもいいじゃん、なんとなく雰囲気でいいさ

って流れで、思考が停止してんじゃないの?

いやいや、どんな物事もよくよく考えるのがいいんじゃないの?なぜそうなるのか、なぜこうなったのか、何が必要か、何が不要か、何をすべきか、何を優先するのか、相手はどう動くのか、どう反応するのか…

いくらでも考えることがある。

少しでもよりよくするためには、頭の中で何度も思考を繰り返す。面倒くさがったら終わりだね、面倒なことの中にその意義が隠れてるかもしれないじゃん。

が、しかし考えてるだけじゃ物事は進まない。じっくり考えた計画を予定通りにきっちり行動に移してカタチに変えるわけだ。

とはいえ、実際に有事に直面すると思ったようにはいかないこともある。その場合はそれまでに考えたいろいろなパターンで改めて対処していくんだよ。でもきっとすぐにはいいことが思いつかない。記憶の糸をたぐるにも短時間で泡食ってるとそれが出てこない。

そうなった瞬間、ついに一度思考を停止させてひと呼吸いれるわけだ。一瞬無になって心の衝動を感じるわけね、過去の自分の成功や失敗、考えたことの蓄積を信じて、感じるものに身を委ねるってことをするんだよ。

まぁ要するに、直感的に感じられるようになるまで思考と鍛錬を続けてなけりゃダメっつーことなわけで、決して安易に考えるのをやめちゃえよ的な言葉ではないと思うんすよ。

この言葉尻だけ都合よく捉えて使ってる人は、改めて映画燃えよドラゴンをじっくり見直して欲しいよね(笑)。

Filed under: いろいろな生活, 仕事に関係ない話

○○させていただきます

なんか最近やたらと目につく、耳につく、鼻につく言い回しですね。

謙譲語ですよね、させていただく。

そりゃ確かに仕事がやれるってことは本当にありがたいです。仕事させてもらってますよ、いろいろ。それは大前提です、感謝してます。

が、しかし、なんか言うたびに「対応させていただきます」「販売させていただきます」「紹介させていただきます」みたいなさ。

なんつーか誰目線でやってんだろうね。お客様目線が一番大事ではあるんだけど、いちいち「させていただきます」ばっかくっつけてるとさ、とりあへずそう締めくくっておきゃいい、みたいな感じになってこない?

ありがたみが感じられないんだよね。

やっぱ基本は、自分がやりたいから「仕事してます」だし、対応すべきだと思ったら「対応いたします」だし、アピールしたいから「紹介します」って言いたいんだよね。

いつでもなんでも人から頼まれて「やらせてもらってる」わけじゃない。自分から進んで、自分の意思で行動してるわけでさ、そしたら「やります」でよくって、「やらせていただく」では他人事っぽくて。

へりくだってるだけの言い回しは、なんかズルいと感じちゃうのはボクだけでしょうか。

このご時世、クレームにならないように過敏に過剰な反応みたいに思えます。

若いアマチュアミュージシャンが、「ステージに立たせていただいて、歌を歌わせていただいてます、タイトルを紹介させていただきます、聴いてください、○○」

もうめんどくせーわ!

Filed under: いろいろな生活, 仕事に関係ない話

趣味と仕事と私

まぁね、趣味っつー趣味もないんですけどね、あえて言うならバンド活動でしょうか。

中学生の頃からギター弾いて、でたらめなロックをやってるわけですが…下手の横好きってやつです。

趣味というより趣味以上本気未満なんですけどね、週1回のスタジオリハと月2本くらいのライブをやってますが…これがまったく遊びかというとそうでもない。

ライブハウスやライブバーのお店なんかのwebを作ってみたり、一緒にライブするバンドからCDジャケットデザイン依頼を受けたり、はたまたロック好きなお客様がボクのライブを見にきてくれたり、逆もあったり。

なんだかんだでデザインの仕事に絡んできたりするので、ある意味ボクのバンド活動は営業活動の一環みたいなとこもありまして。ま、そのぶん遊びのバンドのわりにしがらみが出てくるのですが、それはまぁ仕方がない。そんなライブでは多少なりとも気を遣ったり、気を遣われたり、お互い様です。

案外デザインの仕事をしてるとですね、お客様のほうが元ミュージシャンだったり、バンドマンだったりってことも多いのです。仕事の話しや情報交換の話しから音楽の話しに発展することも多々ありますよ。

自分のバンドは強固なポリシーを持って活動してるわりに、営業が絡むとすぐに芸風を変えて対応もしちゃったりしてるんですがね、それでもお互いがいい方向にいけばいいわけです。

仕事まったく関係なしのバンド活動は好き放題やりたい放題ではありますが、どこで誰に会うかわからない世の中ですからヘタは打ちません。

仕事と趣味をキッチリバッチリ分けて考えておられる方も大勢いらっしゃると思いますけどね、そういうのはボクにはないです。すべてにおいて公私混同させてますから。仕事上のキャラとバンドのキャラ、さらには家庭でのキャラとすべて変わらないスタンスでがんばってますよ。

何をするにおいても、マジメにコツコツ、ときどきふざけて、斜め上を向いて活動してます。

きっと今が一番楽しいんでしょう、知らないけど。過去のことは忘れたし、未来には期待してないので、当面はこれでよしとしよう、って感じで頑張ってますよ。

Filed under: いろいろな生活, 仕事に関係ない話