子連れ旅行記おでかけGO!GO! 家族旅行のプランや各地の観光地情報、お役立ち情報、小さなお子様連れでも安心。わが家の旅行リポート!

2000.12/21~23 沖縄

夫も私も、秋は仕事に追われる日々。今年は暮れになっても忙しく、まったくありがたいことです。
でもねー、ほんとに仕事ばっかりだと煮詰まっちゃう。思いっきり気分を変えたい → 遠いところに旅したい。
で、急遽決まった沖縄旅行です。

12月21日

10:30すぎ、家を出る。
早めに空港について 天むすを食べた。
そのあと、飛行機を見物できるデッキに上がってJALやANAや自衛隊の飛行機の離発着を眺めた。

息子(2歳)にとっては、はじめての飛行機の旅。
フライトアテンダントさんに、オモチャやジュースをもらってけっこうご機嫌で乗っていた。 怖がらなくて一安心。
私たち夫婦にとっても、久々の飛行機旅行だなぁ。着陸の瞬間、あの独特の感じにゾゾッときちゃった。

17:10那覇着。
あったかい。というか暑いかも。名古屋の寒さがウソのよう。気分が高まるねぇ!

レンタカーでホテルへ。
空港付近を離れると 、夕方の通勤ラッシュなのだろうか、
とんでもない渋滞に巻き込まれた・・・げーっ、何時に着くんだろう???ちろっとずつしか進まない。
おかげで街の見物がゆっくり出来る。軍の払い下げ品を売る店があるのはさすが基地の街。
あふれる英語の看板、やたら多いステーキハウス。 看板は、いわゆる板状の看板と違って、
コンクリートの建物に、直にペンキで描かれていたりする。 かなりの異国ムード!日本じゃないみたい。
なんだかテンション上がってくるよ~
日本の街は、どんな田舎に行っても同じ風景になっているけど、ここ沖縄だけは、まだオリジナルの町並みが残ってる!

こんなふうに窓の外を見ていられるのは、 助手席の人限定。運転手はかなり運転に神経を使う。
無謀な運転、無理な割り込みも多い。渋滞してるのに、コワイよ。
ま、私たちは悪名高いナゴヤの走りを知ってるから、まぁなんとかクリア。

大渋滞を抜けたときには暗くなってきていた。晩ご飯を食べたい。
入りやすそうな店が見つからず、ダラダラと北谷まで。急に新しげな店のかたまりが見えてきた。
ここがアメリカンヴィレッジかな?この中の洋風居酒屋に入ってみた。
ここはやっぱりオキナワンフードをオーダーすべきだよね、
豆腐のチャンプルーなど注文して、料理を待つ間、店内を観察。

聞こえてくる言葉から、地元の人が多いみたい。
それがさー、不思議なんだけど、みんな冬の格好してるのよ。
フリース、マフラー、セーター、とかさ。ぜーんぜんそんなの着る必要ないくらいあったかいのに~
で、店の中は冷房がかかっている!絶対おかしいってー
温度は関係なく、冬は冬のオシャレってことなんだろうか???

ごはんはおいしかった。
沖縄の食べ物はおいしくないと聞くけど、だいじょうぶ。
ただ、チャンプルに入っていたハムみたいなのは、クセのある匂いでこれだけはビミョー

食後は、他のショップを見て回った。私は仕事用のウイッグを買った。安くてオドロキ!
駐車場を出ようとしたのは9時すぎだったけど、着いたときより 人が増えている。沖縄の夜は遅い。
ちっちゃい子どもを連れてる家族が、この時間からごはん食べに来てるとは。

Click Here!22:00ごろ恩納村のサンマリーナホテルに到着。
部屋が広ーい!(右の写真をクリックすると詳細が見られます)
クリスマスツリーが飾ってもらってあるし!
いいねぇ!息子も大はしゃぎで、ベッドはトランポリンと化す。

 

12月22日

朝、テラスから海を眺めると、もう真昼のような光が降り注いでいた。
朝ご飯は、ホテルのビーチを散歩しつつ、堤防で。パンをかじっていると、青い小さな魚が泳いでいるのが見えた。
あー海に入りたいっ
キャミソールに7分袖の薄手カーディガンでちょうどいいくらい の気温、
あったかいけど、泳げるほどではないんだよなぁ・・・残念。

レンタカーで琉球村に行ってみた。
入ってすぐのところで、放し飼いの黒いアヒルが何羽もウロウロ、大きいんだよね、首を伸ばすと2歳の息子と同じくらいの高さ。ボクちゃんはこのアヒルたちにビビっちゃって、もう歩けない~
その先は抱っこで進むはめに・・・

民芸の体験、エイサーなどのショーもあるみたいだけど息子は散歩のほうがいいらしく、のんびり歩く私たち。
ハブとマングースもいた。
でも動物愛護の点で、もう決闘は見られないらしい。休憩にシークワァーサージュースを飲んだ。
くー、酸っぱいね。 黒糖で中和する(?)

そのままドライブを続ける。
息子は普段と違う車に乗っているのが楽しいらしい。車好きなのである。デミオにご満悦。ナビもおもしろくって仕方ないみたい。

基地の近くを通っても、 クリスマス前の休暇なのか、戦闘機などは飛んでいないみたいだ。
海中道路を渡ってみる。
海の中をトンネル掘って通している道、のような語感だけど海の上を走っている。
どっちを向いても海、海、海。海中ってこういう意味ね。
渡った先で、車から降りてみたが、オフシーズンだからか、船着き場らしきところも無人。うーむ。

そのあとコザに行ってみようとしたのだけど、車を置いたり、買い物できそうな場所を見つけられないまま、
沖縄市を通過してしまっていた。
この辺りは、ちょっとダークな感じがする街だった。
台風の風雨によるものなのか、色が落ちた看板や建物、やってるのかやってないのかわからない店。
少し寂しげな印象。

15:30頃になって、食べそびれていた遅いお昼ごはん。
食後はちょうど夕暮れ、サンセットビーチに行ってみた。白い貝殻を拾いながら、波打ち際を歩く。
「海に入りてー」って夫が言ってたら、 子どもはもう半分入ってた!?
いそいで夫もジーパンをめくって、男二人は膝までつかって遊び始めた。
息子は半ズボンをはいていたんだけど、それでもビタビタだ~
アメリカンビレッジ内のショップで、真っ赤なブーツカットジーンズを購入。
いやぁ、恐がりの息子が、あんなに果敢にアタックするとは思わなかったよー。
今度はきっときっと!泳げる季節に来よう!

ホテルに戻ると、駐車場がかなり混んでいた。
今夜は「クリスマスバイキングディナー」というイベントがあるみたい。
サンタが席に回ってきたり、ビンゴゲームしたり、ってね。おもしろそうだ!って行ってみたんだけど、満席だとか・・・
残念だぁ。
でも、レストラン入り口で、赤い帽子に白ヒゲの偽サンタに出会い、
「ぎゃーっ」と絶叫していた息子のことを思えば席がなくてむしろ幸いだったかも。
しかたがないので、ホテル近くのマリブハウスってレストランに入った。
ステーキディナーを頼んだものの、連日の食べ過ぎか疲れか、3人ともきれいに食べきることが出来なかったよ。
濃いものばっかり食べてるものね。今夜はソバくらいにしとけばよかった。

 

12月23日

10:00チェックアウト、海の匂いがするロビーにもサヨナラ~(海水を館内に通して、ロビーに海の魚が飼われている)
国際通りをブラブラする。
お土産屋をのぞき、市場を見物して、三越ちかくのそば屋でソーキそばとロースそばを食べた。
夫も息子も平気な顔をして食べている。お肉もバクバク。が、私には重すぎた。香りも・・・ちょっとニガテっす。

そして泊港へ。
乗船時間ぎりぎり、すべりこみで水中観光船トム・ソーヤに乗る。雨が降っているのが心配だ。水も濁っているのかな。
ポイントに着き、船の底に降りてみると~、
やっぱり少しにごりぎみだけど、わぁーきれいきれい!魚も、サンゴも!
水族館の中を動いてる気分で、息子もおおよろこびさ。しっかし船のオッちゃんは、女の子二人組にばっかりサービストークしてるぞ

雨は上がり、曇り空。
首里城観光。ツアーを率いるガイドさんの話に耳をそばだてて。
でも中には入らなかったよ。敷地内を散歩。
それでタイムアップ、空港へ向けて走ったんだけど後ろのチャイルドシートで息子が泣きっぱなしなんだ・・・
「帰りたくない!」と。
レンタカーを返すときなんてヒドイものだったよー、泣きわめきまくっていて、周りの人たちの注目の的!
普段は家にいても仕事だ、家事だって、ずーっといっしょに遊べないけど旅先ではただ遊びに徹してるからね、それもうれしかったんだと思う。
私だってまだいたいよー。気持ちはわかるが泣かないでー

帰りは荷物が往きの倍くらいになっていた。お土産でパンパン。しかも重い。
重いわけは、500mlのペットボトルに入ったウコン茶やサンピン茶を大量買いしたからだろう。
お茶葉ならかさばらず軽いけど、このペットボトルがポイントだと思ってさー。
それから、沖縄ソバのカップ麺もたくさん買った。ミニは子ども用に。
そのうちの3個は、今年の暮れの年越しそばにするつもり♪
18:15発、20:00名古屋着でした。

ページトップへ↑

グラフィックデザインajito55カラーセラピーNewRose占いゼミテレーマ結婚準備ウェディングゴーゴーROCK'N ROLL JUNK SICK JACK

Copyright 2003~ ajito55 All Right Reserved Do not duplicate or redistribute in any form